未分類

また新たなDVDの店オープンか!?

 
 最近の秋葉原はビルも人も増えて、その嗜好が細分化され、店側に要求されるものが変化してきており、一昔に比べて店の入れ替わりが多くなっている。久しぶりに秋葉原に訪れてみると昔よく通っていた店がメイド喫茶に変わってしまっていることなんてよくあることだ。そんな秋葉原で、以前から看板を掲げていながらシャッター閉じたままの店がある。
 この店は、かなり以前から入口の上に店の看板であろうかというものを掲げているのだが、実際に入居している雰囲気は感じられず全く謎な店だった。決して以前の店が看板を残したままという訳ではない。私が記憶している限りでは、以前からこのビルには店が入っておらず古ぼけたビルだったのだが、いつの頃からか改装されて小奇麗なビルになったのである。  当初は入口には何も掲げられていなかったが、しばらくの後看板が掲げられどのような雰囲気の店がオープンするのか楽しみだった。しかし、いつになってもオープンする気配無くそのまま私の記憶の片隅から消されようとしていたのだが、最近やっと動き出したようである。
▲ビルの外観 ▲中では人が何かをしている
 シャッターは半分よりやや下まで開けられた状態になっており、中の状態を伺うことができた。中の様子は、ダンボールの箱が多く詰まれており、まだ内装をやっているように感じられたが、店の奥では店員らしき人物が箱からなにやら取り出しては棚に並べていた。それはDVDらしく、どうやらオープンに向けてやっと動きだしたようである。まだオープンに関する告知は店頭には見られないが、近々オープンすることは間違いなさそうだ。