未分類

もうみんな分かってますよ

 
 「予想外」と言えば、ソフトバンクが自社の携帯のキーワードとしてCMなどによく使われてるが、そういえば去年は「想定外」が流行したなと。もしかしたら、「想定外」のインスパイヤかオマージュなのかと深読みをしてしまうが、メロンブックスで系列会社のソフトバンククリエイティブが出しているラノベに「予想外」と書いたPOPを貼り付けられているのを見つけた。
▲いや、やりかねない ▲やっぱりやるでしょ ▲ケルベロスに見えない
 「予想外」とPOPが貼り付けられていたラノベは、「神曲奏界ポリフォニカ ストラグル・クリムゾン」「神曲奏界ポリフォニカ ウェイワード・クリムゾン」「神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト」「はうはう」の4冊だった。  「神曲奏界ポリフォニカ」は先日アニメ化が発表されたばかりの小説だが、シリーズ累計20万部を超える人気作品で「スクラッド・プリンセス」等を書いた榊一郎が原案として手がけているシェアード・ワールドな作品である。現在「赤」「白」「黒」の3シリーズで展開されており、現在6冊がリリースされている。また、キネマティックノベルとしても販売されており、1&2話が販売されているが3&4話が来春発売予定である。  「はうはう」は8月に発売されたラノベで、主人公が事故に遭い目覚めると右手がケルベロスになっておりそこから巻き起こる騒動を描いているストーリーである。サイトでは「ドタバタ学園とばっちりギャグバトル開幕!」とある。イラストを見る限りやはりどうしてもブルドッグであり、あまり強そうには見えない。
▲この日は「魔法先生ネギま!」16巻が発売されたが、この光景は“予想外”ではない
【関連LINK】 ・神曲奏界ポリフォニカ(GA文庫)はうはう(GA文庫)キネマティックノベル