未分類

ポポンデッタ、ビルまるごと鉄道模型でリニューアルオープン!

 
 最近のアキバはアニメやフィギュア、ゲームなどで萌え〜と呼ばれるものばかりと思っている人が多いでしょうが他にも多くのカルチャーが存在します。そんなカルチャーの一つに鉄道模型がありますが、実は秋葉原は日本で一番、鉄道模型の店が多い地域でもあります。この激戦地域アキバで、19日にリニューアルオープンした“ポポンデッタ”にお邪魔してきました。  ポポンデッタは1999年に通販から始めたお店で、現在は秋葉原と大阪日本橋に店舗を構えています。今回リニューアルオープンした店舗は、ここにあったビルの改築に伴い仮店舗に移転していたのが元に戻ってきた形になるそうです。そして、地下1階地上4階のビル全てに店舗を構えることになり、鉄道模型店では類を見ない専門ビルが誕生しました(4階はイベントスペース)。  1階はレールやジオラマに使用する建物や人形を販売しています。ジオラマ用のビルや家、人がとても精巧に作られていて感心するばかりです。また「Bトレインショーティー」という模型(長さの短いかわいらしい鉄道模型)も販売しており、今までの鉄道模型店の雰囲気とは違った造りになっています。
▲ビルでも様々な種類がある ▲レールも豊富 ▲可愛い「Bトレインショーティー」
 2階は中に入るとまずびっくりするのが大きなジオラマ。ここまで大きなジオラマはあまり目にすることなく、眺めているだけでも楽しくなってしまいます。このジオラマは、1時間単位でレンタルを行っており、自分の車両持ってきて走らせることができます。また、車両を持ってない場合でもお店からレンタルすることができ、手ぶらで行っても楽しめるようになっています。
▲街並みがよくできている ▲圧巻の一言
 2階と3階では車両が販売されており、よく見る鉄道模型店の店内で落ち着きます(笑)。地下1階は海外製の鉄道模型を扱っています。日本に比べて海外では、鉄道模型用のビルや人でジオラマを製作ことが盛んらしく、様々な種類のジオラマ用の模型が販売されています。
▲海外製も種類は豊富 ▲これだけでもコレクションになりそう
 鉄道模型店と聞くと非常にマニアックな印象を受けますが、ここはそんなことを感じさせない店内レイアウトになっています。休日ともなると子供連れで訪れる人も多いというポポンデッタ、たまには表の喧騒から逃れて鉄道のある風景を眺めてみはどうでしょう。
▲このビルまるごと鉄道模型店
【リンク】 ・ポポンデッタ