未分類

アキバ系もデコ電イケるとちゃうん?

 
 あそこの隙間を見ているといつも思うのだが、どうして隣の店と合体させなかったのだろうか。不思議である。畳1枚程度なら、店舗面積が増えても問題ないと思うし、ここで店を開店する場合、店の種類が限られてくる。しかし狭い場所にも需要はあるようで、11日に新しいショップが開店するようだ。  ドンキホーテの1階、おむすび専門店の「おむす人」の隣(というか柱の影の部分)に畳1枚?程のスペースがある。当初は「東京メロンパン」が開店していたが最近閉店。その後は何かのアクセサリー屋が開店していた記憶があるが、いつの間にかに閉店していた。そして、今度はデコ電ショップが11日にオープンする。
▲週末土曜日オープン ▲狭小店舗 ▲色々なデコ電がずらり
 「デコ電」はシールやアクセサリーなどのパーツを使い、自分の好きなように装飾(デコレーション)した携帯電話のこと。飾り付けは、自分で装飾する場合もあれば、専門的にやってくれる店に頼んだりする場合もある。後者の場合、到底個人では出来ないようなデコレーションをしてもらうことができる(内部のLEDを交換等)。当然、携帯を改造するとメーカーの保証は効かなくなるが、それでも、自分だけの携帯を持ちたいという人が多く、デコ電する人は後を絶たないという。  今回オープンするのは、「携帯改造処customR」。すでに、ドンキホーテ柏店にも出店しており、この秋葉原店で2店舗目となる。Webを見る限り、基本はLEDを交換するタイプのデコ電ショップで、開店告知のビラを見るとその場で改造してくれるようだ。
▲デコマウス!?
 新宿や渋谷では当たり前のようにあるデコ電ショップ。果たしてアキバで新しい人種を確保する事に成功するのか、今後の展開が楽しみだ。 【リンク】 ・そこまでやるか?“装飾ケータイ(デコ電)最前線” (デジタルARENA) ・デコ電 (はてなダイアリー) ・携帯改造処customRおむす人激安の殿堂 ドン・キホーテ