未分類

アキバのフリーペーパーを集めてみた

 
 何気に駅等に置いてあるフリーペーパー。タダだからと思いつつ、様々なペーパーをもらってきてしまうのは、貧乏な人間の性か。さて、そんなフリーペーパーもアキバにはいくつか存在する。クーポンが付いているのもあれば、地図が掲載されているものもある。そこでアキバのフリーペーパーがいくつあるか数えてみた。  アキバのフリーペーパーは大きく2種類に分けられる。「アキバ」の情報が載っているものと「秋葉原」の情報が載っているものだ。「アキバ」の情報は、ゲームやアニメ、フィギュア、コミック、アイドル、PC等の情報を主に取り上げており、「秋葉原」の情報は、店や地域等のより地元に密着した情報を主に取り上げている。  A-STATIONは、「アキバ系カルチャー総合情報フリーマガジン」で5号まで出ている。内容は、ゲーム、アニメ、フィギュア、コミック等の情報を扱い紹介している。いわゆるオタクな趣味の正統派な情報誌といっていいだろう。  akibaticaは、「『新』化するアキバ系の好奇心を刺激するアキバ発情報マガジン」で、これも通算5号目となる。こちらも扱っている内容はA-STATIONと一緒だが、より地元に密着している感じで普通の飲食店も紹介している。デザインはクールに決めているようでスタイリッシュな感じだ。  あきば通は、当初はクラーク記念国際高校の生徒が携わっていたフリーペーパーだが、紆余曲折あり現在は、取材・文はデジタルハリウッド大学「GOCHEL」サークルで制作をログイン編集部がしている。歴史は古く、第1号は2002年に発刊され、最新号は第14号だ。内容は秋葉原の地図をメインに、インタビュー記事や企画モノの記事が掲載されている。どちらというとミニコミ誌に近いフリーペーパーだ。
▲A-STATION ▲akibatica ▲あきば通
 秋葉原電気街ガイドマップは、厳密にはフリーペーパーではないが無料で配られていたので頂いてきた。これは、秋葉原電気街振興会が発行しているもので、A3サイズの紙に秋葉原の地図が載っているもの。様々なタイプの店(飲食店、パーツショップ等)が地図の載っているが、振興会に加盟している店しか掲載されていないので使用するときは注意が必要。  秋葉原エンタメMAPは、ちょうど秋葉原エンタまつりが行われていた頃のもの。こちらはA2の紙に地図が書かれているが、エンタまつりに協賛している店のみ。イベント自体が終了しているので、そろそろ見かけなくなるだろう。  秋葉マップは、アキバガイド.ドットコムが制作している地図。ゲーマーズ本店前とドンキホーテ前に設置されている「秋葉原無料案内所」で配られているもの。A3サイズの紙に表は地図を裏にはあいうえお順で店名が記載されている。単に地図が欲しいだけなら、これが一番便利かも。
▲秋葉原電気街ガイドマップ ▲秋葉原エンタメMAP ▲秋葉マップ
 アキバculketニュースは、「アキバユーザーのための総合情報誌」で11号目。主に秋葉原で行われるイベントの情報や店舗の紹介で、綺麗にまとまっている感じ。単に情報が欲しいだけなら使えるかも。  最後にアニカンですが、これはアキバのフリーペーパーではないです。アキバの店でも配られていたので頂いてきました。主にアニメや声優の情報が掲載されています。カラオケ店などでよく置かれています。
▲アイバculketニュース ▲アニカン
 この他にも、「にゅーあきば」があるが、アキバにはすでに配りきっているのか見かけず。また、AXというのもあったがサイトが消失しているうえ、最近は見かけないので廃刊になったのかも。  あらためて見ると、アキバにも数多くのフリーペーパーが出回っている(違うのもあるが)。残念ながら消えてしまったものもあるが、多くが健在だ。たまには、これらのフリーペーパーを見て行った事の無い店に行くのもどうかな?
▲アキバのフリーペーパではないが100号目だということで、 記念に頂いてきた「フロムゲーマーズ」
【リンク】 ・A-STATIONakibaticaあきば通秋葉原電気街振興会秋葉原エンタまつりアキバガイド.ドットコムアキバculketニュースアニカンにゅーあきばゲーマーズ