未分類

青い道しるべ、その行き着く果ては・・・

 
 UDXには、夜になるとボーっと青く光りだす不思議な道しるべ(?)がある。その先を目で追っていくとどこかへ導いているかのように見える。行きつくその先は、天国か地獄か・・・。そんな大げさなものではないけれど、ちょっと気になったので、その青い道しるべのようなものがどこに続いているのか、辿ってみた。
▲南の端からスタート! ▲しばらく進むと先にエスカレーターが ▲エスカレーターを昇るとウッドデッキに
▲さらに進むと今度は下り階段だ ▲下りきってさらに進む ▲おっと池だ
▲さすがにこれでは中を歩いていけない ▲迂回をして続きだ ▲あ、あれ?もう終わり
 あっけないものである。UDXの北の端へ着いたらおしまいだ。そのまま、先へと続いてアンドロメダに連れて行ってもらえるかと思ったのに残念だ。
▲今度は点灯している
 前回、点灯していなくて失敗したUDX1階の木々が今日は点灯していた。これは、「Winter Illumination」と呼ばれるもので、明日17日から点灯が開始される。公式サイトでは「東京の冬の新名所作りを目的としたウィンターイルミネーション装飾を2007年1月末まで行います」と紹介している。また、東側デッキにも装飾が施され「青と緑を基調とするコンセプチュアルなLEDイルミネーションがお客様を歓迎いたします」となるそうだ。  この冬は、このイルミネーションでも見て、たまにはメイド以外で癒してみてはどうだろう。 【関連記事】 ・秋葉原ミレナリオ…にはならないか 【リンク】 ・アキバ・イチWinter Illumination〜ウィンターイルミネーション〜UDX秋葉原クロスフィールド