未分類

喜楽茶でメイドがお茶を入れてくれるのかな?

 
 いつものようにアキバを歩いていたら「メイド」という文字が目に入ってきた。アキバでメイドは今さら珍しくはないので、また新しい何かでも発売されたのかなと思ったが、その名前を見かけた場所をよく見ると「喜楽茶」だった。なんで「喜楽茶」がメイドを?とも思ったが、とても気になったので1つ注文してみた。  「喜楽茶」は、2003年7月秋葉原にソフマップの創業者鈴木慶氏が始めたと言われる中国茶カフェで、大粒のタピオカが入った飲み物「BOBA TEA」で有名だ。残念ながら秋葉原にあった最初の喜楽茶は、昨年の年末に閉店したが、今年の6月にヨドバシAkibaにて開店している。その喜楽茶で見つけたのが冒頭で述べた「メイド」という文字で、続いて「ティー」とある。「メイドティー」だ。気になって仕方がないので早速注文してみた。
注文して出てきたのはコレ ▲注文して出てきたのはコレフタを開けるとココアっぽい? ▲フタを開けるとココアっぽい?
 注文して渡されたものにはフタが付いていてた。そこでフタを外してみると、中は薄い茶色い飲み物だった。早速飲んでみると、さっぱりとしたチョコレートの味がした。味が薄くなったココアという感じがしないでもないが、とても飲みやすい。飲み終わった後「メイドティー」の書いてあった看板をよく見たら、私の早とちりだった事に気が付いた。
スペシャルメイドティーだった ▲スペシャルメイドティーだった幾つかのお茶は無料で試飲できるらしい ▲幾つかのお茶は無料で試飲できるらしい
 そこには「クリスマス限定のスペシャルメイドティーです」と書いてあった。つまり、特別オーダーなお茶という意味。自分の勘違いにとても恥ずかしくなった。しかしこの文章も解釈の仕方次第では「スペシャル(特別)」な「メイド」の「ティー(茶)」とも言えなくもない。ただし店員はメイドではないけれど。  このクリスマス限定の飲み物は、ホワイトチョコミルクティーだ。味は先ほど述べた通りホワイトチョコと言うわりにはあっさりしているので、濃い甘さが好きではない人にはちょうどいいかもしれない。  ちなみに、喜楽茶では幾つかの飲み物については試飲ができるらしい。BOBA TEAは、気になる飲み物ではあるが、ちょっと飲むのに勇気が必要な感じだ。そんな時に無料でもいいからお試しで飲めるのはとても良い心配りだと思う。もしこれで好きではない味だったら、無駄に出費をしなくて済むし、捨てられる事を考えれば環境にもいい。以前から気になる飲み物だがおいしいか不安で購入できない人は一度試してみては。
バボちゃんじゃないよ ▲バボちゃんじゃないよ
 この飲み物を見つけた本日、喜楽茶のビラが配られていたのに後で気が付いたのだが、そのビラを配っていたのはメイドさんだったらしい。まさしく、メイドティー!と言いたいところだが、その現場を確認できなかったのはとても残念。再びメイドさんが来るような事があれば、次はぜひスペシャルメイドティーを作ってもらいたい。 【リンク】 ・喜楽茶鈴木慶氏、“アキバ”に復活! (Web BCN) ・中国茶などを扱うカフェ「Easy Way 喜楽茶」が25日(金)に新規オープン (AKIBA PC Hotline!) ・Easy Way 喜楽茶秋葉原本店閉店のお知らせヨドバシAkibaに中国茶専門店−自家製ブラックタピオカも (アキバ経済新聞) ・バボちゃんオフィシャルグッズ (FUJITV WEB SHOP)