未分類

第四回maroのアキバ食べ歩き日記帖 カレキチでロースカツカレー

 
 アキバ食べ歩き4回目はJR秋葉原駅電気街口から徒歩5分、高架下のところにあるカレキチ秋葉原店へ行ってきました。秋葉原にはカレー屋はいくつもあるけれど、何故か最初に当たったのがチェーン店のこのお店…。チェーン店なら秋葉原じゃなくても食べられるじゃないか、他を見てみよう。と思ったあなた!それは間違っているかもしれないよ?  とは言ったもののチェーン店なのでやはり傾向は他と同じらしい。店舗の看板下には「カツカレー390円」の文字が掲げられていた。店頭にあったメニューにも「NO.1ロースカツカレー」「NO.2ジャンボロースカツカレー」「NO.3ステーキカレー」の文字も。これは私にカツカレーを食べさせたいんだ、きっと。そう思いながら店内へ進んだ。
▲大盛り、特盛りは各100円ずつ増えていく ▲肉厚でサイズが大きめ ▲こちらも大盛り、特盛り可能
 店内では店員に注文するのではなく、食券を買って頼む形式だった。さすがにチェーン店、そこはしっかり設備が整っている。トッピングも豊富で 「生卵50円、目玉焼き100円、温泉玉子100円、チーズ100円、カレー煮玉子100円、特製コロッケ120円、ソーセージ120円、きのこソテー120円、ほうれん草ベーコン150円、ハンバーグ200円」となっていた。ラーメンみたいに全部載せをしてみたいが玉子と肉ばかりなので結構くどくなりそうだ。  店内は20席ほどで全カウンター、隣の席との間隔も広めでゆったりすわれた。今回はたまたま知人が秋葉原に来ていたので二人分食券を買った。私は食べなければならないと思った「ロースカツカレー」に「大盛り」、知人は「スタミナ生姜焼きカレー」を買った。食券を店員に渡し待つこと数分。カレーが出てきた。
▲店内の様子 ▲ロースカツカレー「大盛り」 ▲スタミナ生姜焼きカレー
 カレーのルーには野菜の姿はほとんど見られなかったが、ひき肉が入っているようだ。カツレツは皿の大きさからしたら小さいが、値段の割りに厚みが結構あった。店の前にあったメニューの大きさとさほど変わらないので「看板に偽りなし」ということか。ここはあえて実際は大きいほうに偽って欲しかったが。  スタミナ生姜焼きカレーのほうはカレーに生姜焼きをのせ、生卵を落としたもの。半熟ではないので、卵白が予想通り切りづらく食べるのに苦戦していた模様。あと「カレーの辛さじゃない、たまねぎの辛さがあった。生焼けかもしれない」というコメントも知人からもらった。生姜焼きの肉のほうはしっかり焼けていたようだ。 接客: ★★★★☆ 料理: ★★★☆☆ 雰囲気:★★★☆☆ コスト: ★★★★★ 総評: ★★★★☆  味は中辛〜辛いの間くらい、額に汗をかくかかかないか、くらいだった。ともかくカレーでチェーン店ということもあり、値段は安く、接客もまずまず、メニューも豊富。店内もゆったり座れるのでゆっくり食べられる。たまねぎ生焼けはさすがにまずいとおもったが。  一度トッピング全部のせは挑戦してみたいところだ。
▲カリっとキツネ色にあがっている
カレキチ 秋葉原店 月〜土・祝前 10:00〜22:30 日・祝日 9:30〜22:00 【リンク】 ・カレキチWEB