未分類

「山本和枝ミュージアム」ラジオ会館8Fで土・日開催 中の様子はこんな感じ

 
 本日秋葉原のラジオ会館8Fで「山本和枝ミュージアム」が行われていた。アキバOSでは突撃取材を敢行し、中を撮影させていただくことに成功!ミュージアムの様子を取材することが出来た。開催は12月9日、10日の二日間で、10日には山本和枝さんのトークイベントも催される。  ラジオ会館の前には雨にぬれながらもオーラを放ち続ける山本和枝先生の看板が立っていた。据え付けられていたチケットには「山本和枝ミュージアム 10周年記念前夜 希代の絵師、山本和枝の最新に迫る!描き下ろし版画3部作、ついに完成」と書かれていた。絵仕事展ファイナル以降の作品に絞り、未公開原画を一挙公開しているらしく、また、2007年はstudio e・go!創立10周年ということで、様々な大型プロジェクトが進行中でその一部を先駆けて展示しているということらしい。  以下に展示されていたものをまとめて掲載する。
ラジオ会館前にあった看板 ▲ラジオ会館前にあった看板入っていたチケット ▲入っていたチケット山本和枝さんのスマイルショット ▲山本和枝さんのスマイルショット
AF温泉もの ▲AF温泉もの今回のチケットの原画になったと思われるラフ ▲今回のチケットの原画になったと思われるラフでぼの巣箱 ▲でぼの巣箱
山本和枝さんの年表 ▲山本和枝さんの年表今までのグッズなども展示 ▲今までのグッズなども展示Angel's Featherの台本も ▲Angel’s Featherの台本も
ミュージアムのポスター ▲ミュージアムのポスター山本先生と行く温泉旅行 ▲山本先生と行く温泉旅行交流会の告知 ▲交流会の告知
夜霧作画風景上映中 ▲夜霧作画風景上映中フロア内の様子 ▲フロア内の様子こっちにも原画が並べられていた ▲こっちにも原画が並べられていた
線画閲覧コーナー ▲線画閲覧コーナー計4冊線画が入ったフォルダがあった ▲計4冊線画が入ったフォルダがあった限定50枚「夜霧」 ▲限定50枚「夜霧」
 壁には山本先生の原画が壁一面に並べられていてどこをみても山本先生ワールドが広がっていた。 展示されていたものは (タイトル予定) ・『メンアットワーク!4 〜ハンターよ永遠に〜』 ・『おかえしび〜すと!!』 ・『み・こ・こ・ん』 ・『神楽コレクターズED』 ・『あおぞらマジカ!!』(版画限定加筆バージョン) などだった。  入り口にはAngel’s Featherの物販コーナーもあり、福袋セットや原画A4ファイル入り10枚セット、テレカセット、DVD初回限定版#1#2、ドラマCD、DVD特別セットなどが売られていた。福袋は実際にOVAで使用した原画やラフ画、ペンダントなどが入っているようだ。  公式ページには『発表直後から問い合わせが殺到した伝説の描き下ろし版画、「蒼い翼」、「暁の刻」、に続く「夜霧」がついに完成!!そお流麗な筆使いと彩色の深みは、まさに描き下ろし版画3部作のラストを飾るにふさわしい気品と風格を漂わせます』とあった。また、この描き下ろし3部作を原案として、新たなストーリーが始動予定とのこと。明日10日のトークショーでギリギリのところまでその内容を披露すると言っていた。  フロア内が比較的すいていたのはたまたま取材に行った時ファンクラブの交流会が催されていたからのようで、スタッフ様の話によると交流会が始まるまでは中はごった返していたそうだ。今回は一部しかお伝えする事が出来なかったが、10日も開催されるのでぜひ自分の目でその美しい原画を眺めていただきたい。  また、ミュージアムは東京だけではなく、岡山、群馬、福岡、静岡、名古屋、広島、大阪でも行われる予定だ。各地でもトークショーやサイン会が開催されるので、地方の人はそちらへ足を運ぼう。  明日10日は「山本先生にリクエスト」や「描き下ろし3部作」、「エゴ10周年企画」など、気になる話題満載のトークショーやサイン会が行われる予定だ。開催日時は10日の15時からとなっている。参加方法は版画作品購入者と絵仕事ファンクラブ・サポーターズクラブ会員及び両日オープン時より先着40名、計80名に整理券を配られるので、それをゲットできればトークショーに参加できるようだ。 【リンク】 ・山本和枝仕事展Studio e.go!OVA Angel’s FeatherPS2 Angel’s Feather