アキバ犬御用達? リードフックのあるイタリアンカフェ

 
4匹の犬でわない カフェの店先に、何故かフックが取り付けられている。一体これはなんなだのろうか。ここに何をひっかけておけというのだろうか。荷物を掛けるにしてはフックがあるのは外だし、子供が迷子にならないように繋げる訳でもないし…。よくよく見るとフックの上に「For Dog」と書かれている。もしかして、これは犬用?  このフックが店先に取り付けられているのは、中央通りと蔵前橋通りの交差点、銀座線末広町駅のそばにある、「Segafredo」というカフェ。カフェといってもいわゆるコーヒーを出してくれる店とは違い、イタリアにあるバールが元になっている軽食喫茶店で、エスプレッソパニーニが中心のメニューになっているのが特徴だ。  イタリアを含む欧州では、ペットは家族の一員として受け入れられており、散歩やショッピング等はいつも一緒にでかけたりする。そして、食事に行く時も同様だが、さすがに店内まで連れて行くわけにはいかないらしい。ペットには外で待てってもらうことになるのだが、そこでこのフックが必要になる。リードをフックに掛けておき、あとは店内でショッピングをしてくるだけという。
フックが2つ並んでいる ▲フックが2つ並んでいる店先の柱にそれぞれフックがある ▲店先の柱にそれぞれフックがある訳すと「犬用」? ▲訳すと「犬用」?
 欧州ではこのフックを店先で普通にみかける物らしいが、日本も近頃はペット同伴可の店も多くなっているようで、店先にフックが取り付けられていることがよくあるらしい。  先日、紹介したアキバ犬だが、まさしくここに繋がれているのが一番絵になると思うのは私だけろうか。
決して人を繋いではいけません ▲決して人を繋いではいけません
【関連記事】 ・突如現れた犬のオブジェクト、ここHOREアキバサービス実験開始 101匹?アキバ犬ミュージアム! 【リンク】 ・segafredo ZANETTI espressoセガフレード・ザネッティ (ウィキペディア) ・バール (ウィキペディア) ・エスプレッソ (ウィキペディア) ・パニーニ (ウィキペディア)