未分類

第六回maroのアキバ食べ歩き日記帖 バリカタ細めん豚骨醤油!

 
 アキバ食べ歩き6回目はJR秋葉原駅電気街口から徒歩5分、ソフマップの裏手の路地、ファーストポイントの正面にある「豚骨ラーメンだるまのめ」です。食べ歩き初のラーメン屋となりますが、店構えも綺麗な割と雰囲気のよさそうなラーメン屋です。隣のビルには中華料理屋も入っています。  店頭にある立て看板にはメニューが載せてありました。「だるまらぁ麺」というのがココのベーシックなラーメンとなっているみたいです。垂れ幕には「赤葱だるま麺」の文字があったので、そちらがオススメかと思い食べてみることにしました。  店内にはいってすぐ左手に食券自動販売機が設置されていて、ジャンルごとに分けられていました。赤い列が豚骨醤油ベース、黄色い列が豚骨塩ベースとなっているようです。下のほうにはトッピングなどがありました。  店内は座席が二手に分かれていてその間を店員が行き来する感じのつくりになっていました。向こう側が見えないように暖簾もかけてあり、なかなかいい感じです。見回してみると何故かフィギュアが並べてあったり…。ラーメン屋に来ているのにフィギュアを見る人はいないのではないでしょうか…。
店頭にある立て看板にはメニュー ▲店頭にある立て看板にはメニュー店内の食券 ジャンル分けされています ▲店内の食券 ジャンル分けされています店内には暖簾がありました。そして何故かフィギュアが ▲店内には暖簾がありました。そして何故かフィギュアが
 食券を店員に渡すときに麺の固さを選ぶことができ、硬いほうから順に「ハリガネ」「バリカタ」「カタ」「普通」「やわめ」「バリヤワ」の6種類がありました。替え玉も100円でそれぞれの硬さを選ぶことができました。  席の前にはお盆が置いてあり、更にその奥には白ゴマと秘伝の辛ダレがおいてありました。食券を店員に渡した後白ゴマを程よくすりつぶして待ちます。常備されているトッピングには、追加用の白ゴマ、紅しょうが、胡椒が備え付けてありました。
白ゴマをすりつぶして待ちます ▲白ゴマをすりつぶして待ちます備え付けの紅しょうが 少し大きめにカットされていました ▲備え付けの紅しょうが 少し大きめにカットされていました替え玉も100円で頼めます ▲替え玉も100円で頼めます
 赤だるま麺が運ばれてきて思ったことは、そこまで赤が強調されていなかったので辛そう!というイメージはわきませんでした。実際に食べてみても、麺の上に山盛りにしてあった辛ダレとあえてある葱の辛味だけで十分美味しくいただけました。チャーシュー2枚と半熟卵、大き目のノリがトッピングで標準でついているみたいです。スープは豚骨醤油ベースでさっぱりとした味でした。すりつぶした白ゴマの風味と紅しょうがの食感、味共にマッチしていてどんどん食が進みます。麺は細麺タイプで、「バリカタ」を頼んだのですが歯ごたえのある茹で具合となっていました。 接客: ★★★☆☆ 料理: ★★★★☆ 雰囲気:★★★★☆ コスト: ★★★☆☆ 総評: ★★★☆☆  接客、値段共にどこにでもあるラーメン店と同じ感じだったのでこれくらいで。店内の雰囲気など、暖簾で顔が見えないようになっているなどの気遣いはよかったのですが、雰囲気を壊しているフィギュアはどうなのでしょう…。トッピングも普通ですが、おろしにんにくが備え付けであれば尚良かったかなと思います。  スープがご飯と合いそうな感じだったので、また行く機会があればそちらも頼んでみたいと思います。「だるまのめ」ではクーポンを配っているのでそちらを使えばお得です。
赤だるま麺 チャーシューと半熟卵がおいしそうな ▲赤だるま麺 チャーシューと半熟卵がおいしそうな
【リンク】 ・豚骨ラーメンだるまのめ