未分類

ゆばで包まれた豚まん、アキバのグルメになる前に今月いっぱいで終了

 
 いつからかは不明だが、ドンキホーテの1階の焼き芋屋があった場所に豚まんの店がオープンしていた。看板には「日本一うまい!!ゆば巻き豚まん」とあり、どうやら普通の豚まんとは違う様子。比内地鶏スープとのセット販売を行っており、気になったので豚まんを1個買ってみた。  以前は、銀座いもっ娘があった場所に今度は豚まんの店がオープンしていた。これは、豚まんの移動販売を行っているファニー株式会社の「ベイドラゴンの豚まん」というもので、中の肉がゆばで包まれているのが特徴だ。いつからここでオープンしていたかは不明だが、少なくとも先週はいなかった感じ。そしてここでの営業は今月いっぱいだという。
日本一うまいらしい ▲日本一うまいらしい熱々スープ入りと書いてある ▲熱々スープ入りと書いてある地鶏スープとのセットもある ▲地鶏スープとのセットもある
 ファニー株式会社のサイトによると、「香港のセレブたちにも大人気!本場の味!日本初上陸!」とあり、香港で人気のあった豚まんをそのまま販売しているのではなく、日本人好みにプロデュースされたものらしい。  この豚まんのポイントとして、『熟練した色任意よる一点一点手仕上げです』『高級料理店以上の食感を低価格で実現』『本場上海の食材をジューシーな肉汁とともに日本の湯葉で包みました』と3つのポイントを挙げている。
大きさはやや小ぶり ▲大きさはやや小ぶり焼き芋のあったところで営業中 ▲焼き芋のあったところで営業中
 実際に食べて見た感想は、中の食材が湯葉に包まれているのでしっかりした肉の食感が楽しめる。ただし、皮と湯葉に隙間が出来てしまっているため、豚まん全体としては少し物足りない感じ。また、肝心の肉汁だが、購入した個体が悪いのか元々なのか、口の中に染み渡るほどの肉汁は感じられなかった。
ジューシーとまではいかなかった ▲ジューシーとまではいかなかった
 今月いっぱいの営業ということでアキバに定着するかどうかまでは行かないのが残念だ。だが、焼き芋、豚まんとオープンしているので次も何か新しい食べ物屋がオープンして欲しいとひそかに心待ちにしていたりする。 【関連記事】 ・今度は安納芋でほっくりしてみませんか? (2006年11月23日) ・秋の本格味覚到来 「いもっ娘」という名の石焼き芋 (2006年11月9日) 【リンク】 ・メイドさんも買いに来る焼き芋屋「いもっ娘」がオープン! (アキバ総研) ・ベイドラゴンの豚まんファニー株式会社ドンキホーテ秋葉原