未分類

アキバのキャラクター缶飲料、お土産に一ついかが?

 
 未だ続くアキバブームで、アキバが渋谷や新宿のようなお出かけスポットになってしまった感がある。しかし、その根底にあるマニアさはまだまだ変わっていないと思う。そこで、アキバのネタものとして、珍しい缶飲料を集めてみた。年末は東京に来ている地方の方にもお土産としてどうだろうか。
12月にオープンしたばかりのコトブキヤ1階 ▲12月にオープンしたばかりのコトブキヤ1階ウドの缶コーヒー ▲ウドの缶コーヒー@ほぉ〜むcafe缶ココア ▲@ほぉ〜むcafe缶ココア
 まずは以前もお伝えした、コトブキヤ前にある、ウドの缶コーヒーだ。これは、TVアニメ「ボトムス」の第3話予告フレーズに出てきた「キリコが飲むウドのコーヒーは苦い」を元に作られた缶コーヒーだ。原材料はコーヒーのみの無糖だが、スッキリした苦味で飲みやすい。隣には、メイド喫茶@ほぉ〜むcafeの缶ココアも販売されているので、無糖コーヒーが苦手な人にはこちらをどうぞ。
北斗の拳パワードリンク ▲北斗の拳パワードリンクローヤルゼリー配合 ▲ローヤルゼリー配合タウリン配合 ▲タウリン配合
 次に、同じコトブキヤの店内で販売されている「北斗の拳」のパワードリンクだ。店内で販売されていたのは、タウリン配合のパワードリンクと、ローヤルゼリー配合のパワードリンクだ。これは夏からアキバの各店にあったドリンクで、今もなお販売されている人気商品だ(3種類あるのだが「プロテイン配合」のは見つからなかった)。
エスカレーター横の自動販売機 ▲エスカレーター横の自動販売機デ・ジ・キャラット、ギャラクシーエンジェる〜ん、MUH〜 ▲デ・ジ・キャラット、ギャラクシーエンジェる〜ん、MUH〜かみちゅ!、地獄少女 ▲かみちゅ!、地獄少女
 次に、ゲーマーズ本店エスカレーター横に置かれている、通称「萌え缶」こと「キャラクター缶ジュース」だ。絵柄は5種類あり、お馴染みの「デ・ジ・キャラット」をはじめ「かみちゅ!」「ギャラクシーエンジェる〜ん」「地獄少女」「MUH〜」がある。  中身はどれも同じオレンジジュースなので、好きなキャラクターが欲しいけれど中身が…なんてことにはならなくて済む。自動販売機では好みの絵柄が出るボタンと、ランダムで出るボタンがあるので、好きな買い方が出来るのが特徴だ。
UDX東京アニメセンター ▲UDX東京アニメセンター店内は撮影できなかったので外のチラシを撮影 ▲店内は撮影できなかったので外のチラシを撮影
 次に、UDXの東京アニメセンターで販売されている「ゲゲゲの鬼太郎ドリンク」だ。種類は4種類ありそれぞれ味が違う。「妖怪汁」はダイダイはちみつ入りのジュース、「妖怪珈琲」はミルク入りコーヒー、「目玉のおやじ汁」はゆずジュース、「ねずみ男汁」は夏みかん&はっさくジュースとなっている。
人間になれる成分入りらしい ▲人間になれる成分入りらしい人間の成分、鉄分を補給 ▲人間の成分、鉄分を補給人間の成分、カルシウムを補給 ▲人間の成分、カルシウムを補給
 最後は、ドスパラで販売されている「妖怪人間ベム」のジュースだ。種類は3種類あるが、多く販売していたのはクランベリー味のジュースだ。  缶には「人間ニナリタイ成分ヲ補給!」と書いてあり「人間飲料」とちょっと不気味な感じの絵柄だ。クランベリーは主に鉄分補給で、他にはアミノ酸補給のグレープフルーツジュース、カルシウム補給のピーチジュースがある。
萌えチャージ! ▲萌えチャージ!
 また、こちらの記事でも紹介しているが、以前販売されていた、Piaキャロットへようこそ!!G.O.缶コーヒーが再び販売されている。これもまた、アキバならではの缶飲料と言えよう。  さて、オタクの聖地ならではのキャラクターをあしらった缶飲料たち。一部は、通販やアキバ以外でも買えるので、アキバの土産とは言い難いが「アキバの土産」として相手に渡せば、納得してくれること間違いないだろう。 【関連記事】 ・3日間の大特価 トイプラが秋葉原駅前にショップ開設 (2006年12月29日) ・ニヒルな味わい、ウドの缶コーヒーでみんなキリコに (2006年12月4日) 【リンク】 ・Piaキャロットへようこそ!!G.O.缶コーヒー (あみあみ) ・妖怪人間ベム (妖怪人間ベム公式サイト) ・ゲゲゲの鬼太郎ドリンク (株式会社アプリス) ・キャラクター缶ジュース (ブロッコリー)