未分類

コミケ->アキバ直行便、夜のアキバにめろバス出現

 
 大晦日のアキバ、コミケの最終日と重なったこともあり、いつにもまして混雑していたようだった。そんな中、大通りに突然メロンブックスのめろんちゃんが大きく描かれたラッピングバスが出現した。宣伝のため車体に大きく広告が描かれた車はよくみかけるが、これはどうやらそうではないようだ。  これは、メロンブックスがコミケに参加した人のために用意した特別のバスだ。このバスの運行のお知らせをしているメロンブックスのサイトによると『メロンブックス/リブレットのブースにて販売するグッズをお買い上げ時、ご希望の方に“めろバス搭乗券”を配布!!』とあり、コミケの企業ブースに出店しているメロンブックスで買い物をすると、めろバスに乗れる搭乗券がもらえたらしい。
車体に描かれているめろんちゃん ▲車体に描かれているめろんちゃん反対側にもめろんちゃん ▲反対側にもめろんちゃん18時まで7便運行 ▲18時まで7便運行
 サイトでは『“めろバス”とは、メロンブックスプロデュースによる、東京ビッグサイト⇒秋葉原をつなぐ直行シャトルバスです』とあり、31日限定のバスのようだ。31日は、12時から18時まで各時毎にコミケ会場となっている有明を出発してメロンブックス秋葉原店前まで送迎してくれるとのこと。  コミケ会場とアキバを送迎するバスは他にもあり、魔導鐵道さんが運行しているアキバ・エクスプレスが、運行している(料金 600円)。
これがめろバス搭乗券 ▲これがめろバス搭乗券めろバス乗場…光強すぎ ▲めろバス乗場…光強すぎ有明でのめろバス…光量足りなすぎ ▲有明でのめろバス…光量足りなすぎ
 アキバOSでは、実際にこのバスに乗車してみた。コミケの企業ブースでは、何を購入してもめろバスの搭乗券がもらえるとのことで、グッズを一つ購入して搭乗券を頂いた。乗るバスは18時発の最終便。17時にはバス乗り場である有明北待機場に到着したが、第6便である17時発のバスは既に乗客で埋まっていた。
▲車内で添乗員さんの挨拶車内でのミニライブ ▲車内でのミニライブ並走しているゆりかもめからこちらを覗く乗客たち ▲並走しているゆりかもめからこちらを覗く乗客たち
 めろバス乗り場で待っていると17時半前には最終便のバスが到着、早速乗車した。そして、18時になるとバスが有明を出発した。窓の外では、アキバエクスプレスさん達の着ぐるみが外で手を振って見送りをしてくれていた。  出発すると添乗員による挨拶が行われ、特別ゲストとして桜川ひめこさんが登場した。車内ではトークをした後、ミニライブとして歌を2曲披露、桜川ひめこさん目当てで乗車した人達も曲に合わせて打っていた。  途中のレインボーブリッジを走行中、ゆりかもめと並走状態になった。そして、ゆりかもめに乗っていた人達が、めろんちゃんのイラストが描かれたバスの車内で行われていたライブを見て、一緒にノっていた人がいたのは秘密だ。
アキバエクスプレスさんの着ぐるみさんが手を振ってお見送り ▲アキバエクスプレスさんの着ぐるみさんが手を振ってお見送り
 今回は最終日だけの運行だったが、帰りにアキバへよることを考えると便利な交通機関だった。次回も機会があれば運行して欲しいと思う。 【リンク】 ・“メロバス”運行のご案内アキバ・エクスプレス (魔導鐵道さん) ・桜川ひめこ (オフィシャルサイト) ・メロンブックスコミックマーケット (公式サイト)