未分類

第八回maroのアキバ食べ歩き日記帖 年越したけどそばを食す

 
 先日は元旦ということで1日ずらしていただきました。が、アキバの飲食店もほとんどが正月休暇をとっていてなかなか開いているお店もありませんでした。そんななかアキバ食べ歩き8回目はJR秋葉原駅から徒歩10分ほど、中央通り沿いに歩き神田明神通りの交差点を左に曲がった所にある小諸そば秋葉原店さんです。  小諸そばは東京都内の新宿区、渋谷区、品川区、港区、中央区、千代田区に店舗展開をするチェーン店です。  店頭にあるディスプレイにはほとんどがうどんが展示されていましたが、メニューはうどんかそばのどちらかを選べます。また、店頭にあった告知には季節限定でゆず七味がおいてあるということでした。
豚せいろ、うどん、力うどんなど ▲豚せいろ、うどん、力うどんなど味噌煮込みうどんとライスのセット ▲味噌煮込みうどんとライスのセット季節限定ゆず七味 ▲季節限定ゆず七味
 店内は食券自動販売機が設置されていてそこで券を買ってカウンターで注文という形式でした。カウンターのみの座席となっており約20席前後ありました。席には大手牛丼チェーン店のようなかんじで割り箸や七味などがあって、蕎麦屋特有のねぎもおいてありました。
▲店内の雰囲気 ▲食券を出して頼むカウンター ▲季節限定ゆず七味
 頼んだものは店頭にあった味噌煮込みうどん…ではなく、ミニ親子丼セットです。うどんというよりはそばという気分だったからなのですが…。セットはミニどんぶりと掛けそばといういたってシンプルなもの。   接客: ★★★☆☆ 料理: ★★★☆☆ 雰囲気:★★★☆☆ コスト: ★★★★☆ 総評: ★★★☆☆  とにかく本格蕎麦屋!という感じではなかったので味よりも価格で勝負といった感じでした。でもミニ親子丼はたまごが半熟とろとろでおいしかったです。置いてあったゆず七味をかけるとゆずの香りがほのかに広がっていい感じでした。つゆの味が濃いめだったので最後のほうでは飽きてきてしまいました。
▲ミニ親子丼セット