未分類

ビル隙間に佇む花房神社、今も静かにアキバの街を見守っていた

 
 新年を迎えたら、初詣をしなくては1年が始まった気がしない。アキバでのお参りといったら神田明神となるが、我がアキバOSは違う。そう、以前お伝えしたビルの隙間に佇む「花房神社」だ。前回は路地の奥に偶然見つけたこの神社だが、今回はアキバOSの発展を願い祈願するため再度訪れた。  「花房神社」は、ツクモex.TRADER3アダチソフマップ4号店の裏手の路地にある小さな神社だ。その歴史は古く、秋葉原インフォメーションによると江戸時代からこの地にあったという。この神社の由来は不明だが、社の両側に鎮座するお稲荷様が何かを物語ってくれそうな気はする。
いつもと変わらぬお社 ▲いつもと変わらぬお社立派な鳥居 ▲立派な鳥居これからの発展を願い祈願 ▲これからの発展を願い祈願
 花房神社を訪れると、前回と変わらない佇まいだ。ここには、コスプレをした巫女も本物の巫女もいない。そして、お賽銭の順番待ちをする人々もいない。ましてや列を広く取るためのアナウンスもない。早速社の前まで行き、お賽銭を入れて手を合わせる。そして祈願。  今年もアキバOSにとって良い一年でありますように…。
すでにここから混雑 ▲すでにここから混雑社殿の前も混雑 ▲社殿の前も混雑
 おまけとして、1月2日の神田明神の様子を撮影してきた。まだ三が日であるせいか、人込みは相変わらず続いている。それでも、夕方近くになると人はだいぶはけ、社殿近くまで列は短くなっていた。
神田明神から望むTokyoTimesTower、UDXビル、ダイビル ▲神田明神から望むTokyoTimesTower、UDXビル、ダイビル
【関連記事】 ・ビルの隙間に存在する異空間。その先には…。 (2006年10月24日) 【リンク】 ・花房神社 (Googleマップ) ・秋葉原インフォメーション神田明神ソフマップツクモTRADER