未分類

とある魔術の御坂はめちゃ可愛い! 電撃文庫12冊、他1冊発売

 
Really?Really!恋のジグソーパズル 今月の電撃文庫は、他のレーベルに比べ12冊と多くの文庫を刊行してきた。ライトノベルを販売している店の店員も「でましたよ。今回も電撃文庫がたくさんでましたよ」と入荷した部数の多さに少し鬱な感じになっていた。今回はアニメも放映している「護くんに女神の祝福を」の続刊も発売された。  今回の電撃文庫は、先月の14冊ほどではないが12冊とレーベルの中でも多い発行数となっている。その中で、WOWOWで放映されている「護くんに女神の祝福を」の続編や、王道をいくラブコメでありながら評判の良い「とらドラ!」の続編も発売された。  その中で「とある魔術の禁書目録(12)」を『各シーンも、全体の構成も、これ以上なく素晴らしい』と述べるやぎぱぶさんは、『今までは「下手だけどおもしろい」というのが、『とある魔術の禁書目録』への評価だったのだけど、今回は、おもしろいだけでなく、構成面でもきちんと上手く仕立ててあって、ほんと信じられないくらい素晴らしいっ!! 』と感想を述べている。また『御坂はめちゃくちゃ可愛い。もうもう、転がりまくり。ごろごろごろごろ〜〜〜』と御坂を絶賛していた。  「れでぃ×ばと!(2)」を読んだ、M&L日記さんは、『前巻は散漫になっていた印象があるのですが、今巻ではキャラクターを絞ってきているので話はまとまっていたかな』と感想を述べ、『ただ、キャラクターに萌えられるかどうかが、面白いと思えるかの分かれ目な様な気がします』と語っている。
とらドラ4! ▲とらドラ4! ▲護くんに女神の祝福を(10)とある魔術の禁書目録(12) ▲とある魔術の禁書目録(12)
れでぃ×ばと!(2) ▲れでぃ×ばと!(2)ぼくと魔女式アポカリプス(2) ▲ぼくと魔女式アポカリプス(2)アスラクライン(6) ▲アスラクライン(6)
あんでっど☆ばにすた! ▲あんでっど☆ばにすた!ゆらゆらと揺れる海の彼方(7) ▲ゆらゆらと揺れる海の彼方(7)神様のメモ帳 ▲神様のメモ帳
でぃ えっち えぃ そのなな! ▲でぃ えっち えぃ そのなな!シリアスレイジ(5) ▲シリアスレイジ(5)骸骨ナイフでジャンプ(3) ▲骸骨ナイフでジャンプ(3)
 今月発売された電撃文庫は12冊。タイトルは以下の通り。 ・とらドラ4!  (著:竹宮ゆゆこ、イラスト:ヤス ・護くんに女神の祝福を!(10)  (著:岩田洋季、イラスト:佐藤利幸 ・とある魔術の禁書目録(12)  (著:鎌池和馬、イラスト:灰村キヨタカ ・れでぃ×ばと!(2)  (著:上月司、イラスト:むにゅう ・ぼくと魔女式アポカリプス(2)  (著:水瀬葉月、イラスト:藤原々々 ・アスラクライン(6)おしえて生徒会長!  (著:三雲岳斗、イラスト:和狸ナオ ・あんでっど☆ばにすた!  (著:鈴木鈴、イラスト:かなたろう。 ・ゆらゆらと揺れる海の彼方(7)  (著:近藤信義、イラスト:えびね ・神様のメモ帳  (著:杉井光、イラスト:岸田メル ・でぃ えっち えぃ そのなな!  (著:ゆうきりん、イラスト:小宮裕太 ・シリアスレイジ(5)南冥奇譚(下)  (著:白川敏行、イラスト:やすゆき) ・骸骨ナイフでジャンプ(3)カルナバ島の悪魔スパイス  (著:阿智太郎、イラスト:宮須弥
ゲーマーズではメッセージシートを配布 ▲ゲーマーズではメッセージシートを配布ゲーマーズはとらドラが大量の山 ▲ゲーマーズはとらドラが大量の山メロンブックスもとらドラが300冊近い山 ▲メロンブックスもとらドラが300冊近い山
 また、角川書店からは「Really?Really!」の小説、「Really?Really!恋のジグソーパズル」が単行本として発売されていた。
担当の超オススメ! ▲担当の超オススメ!
 今月は、続刊ばかり多いラインナップとなってしまった電撃文庫だが、2月は電撃小説大賞の作品がいよいよ発売される。また「灼眼のシャナ」「いぬかみっ!」「狼と香辛料」と気になるシリーズの続編も発売されるので、期待して待っていよう。 【関連記事】 ・グロリアスドーンはティセに萌え? スニーカー文庫とHJ文庫他計12冊発売 (2006年1月3日) ・コバルト文庫マリみて新刊発売!他、店頭で気になったラノベ (2006年12月26日) ・“文学少女”が密かに熱い?ファミ通文庫とMF文庫J、12月の新刊13冊発売 (2006年12月24日) ・これは新たなジャケ買い?富士見とスーパーダッシュ12月の新刊15冊発売 (2006年12月21日) ・あぁ、もうずっと愛でていたいです! GA文庫12月の新刊5冊発売 (2006年12月17日) 【リンク】 ・電撃文庫&hp 今月の新刊護くんに女神の祝福を! (WOWOW ONLINE) ・角川書店メディアワークスゲーマーズメロンブックス