未分類

全自動掃除ロボット! メイド型が生まれるのはいつの日か…

 
 あきばお〜禄号店店頭で全自動お掃除ロボットが売られていた。といってもメイド型ロボットが掃除をしてくれるとかそういうわけではなく、サッカーボール大の大きさのドーム型の球が掃除をしてくれるというもの。価格は通常の掃除機と同じくらいの4179円となっていた。  あきばお〜禄号店のPOPでは『心配なら自分で掃除しましょう!でもコイツできれいになるよ』『5つの動作モードで自動運転。リモコンでも操作可能』とされていた。従来の掃除機と違うところはその名前の通り全自動なので自分で動かさなくとも勝手に動いてごみを取ってくれるということ。これでわずらわしい腰痛ともおさらばできる。  総合卸商社株式会社イトウという会社が販売しているが、製造会社は書かれていなかった。パッケージには「赤」と「ブルー」という統一感の無い色の言い方や「掃除雑巾交換」など、中国語のような言い回しの文章が使われていた。
ロボットルームクリーナー ▲ロボットルームクリーナー統一感の無い色の言い方 ▲統一感の無い色の言い方
他に見せるものがなかったのか「充電ソケット」 ▲他に見せるものがなかったのか「充電ソケット」書体も明朝で中国っぽい「掃除雑巾交換」 ▲書体も明朝で中国っぽい「掃除雑巾交換」手を3回叩けば動くみたい ▲手を3回叩けば動くみたい
 株式会社イトウの商品紹介では『勝手に動いてお部屋をクリーンナップ!「出かけている間」「寝ている間」「お風呂に入っている間」にかわいいロボットが勝手にお掃除してくれます。掃除は面倒だけど部屋が汚いのもちょっと・・・という方にはピッタリのアイテム』となっていた。リモコン操作で好きな動作を選ぶことが出来るほか、ただゴミを吸いだすだけではなくモップもついているみたい。  他社でも売り出されている同じような全自動掃除ロボットと比較してみると、価格もかなり安くちょっと怪しいが、そろそろ年だし腰痛が…と言う人は試しに使ってみてはいかがだろう。 【リンク】 ・株式会社イトウドーム型ロボットクリーナー