寒い冬にはやっぱり温かいおでんだネ!おでん缶販売店舗まとめ

 
 暖冬だと言われているこの冬も、風が吹くと寒さが身に染みる。こんな日は、温かい食べ物でも食べて体を暖めたいものだ。そして温かい食べ物で思いつくのは、そうおでんだ。とするとやはり出てくるのはおでん缶。そこで、再びおでん缶が売っている店を整理してみた。  おでん缶と言えばアキバ、アキバと言えばおでん缶とほとんど代名詞になっているこてんぐのおでん缶。今まで販売しているお店を見つけては紹介していたが、バラバラの記事で紹介していたために、どこで売られているか一目で分かる状態ではなかった。そこで、木枯らしも厳しくなってきているので、おでん缶を探しやすいようにまとめてみた。
チチブデンキのおでん缶 ▲チチブデンキのおでん缶F商会のおでん缶(2006年11月撮影) ▲F商会のおでん缶(2006年11月撮影)F商会ではパン缶も販売中(2006年11月撮影) ▲パン缶も販売中(2006年11月撮影)
 元祖おでん缶の販売場所のチチブデンキは、今日のように特に寒い日には、自動販売機の前に人だかりができる。最近は、やきとり缶も販売機で売られるようになったり、アスキーが企画した「ゲイツちゃんおでん缶」も販売されている。  秋葉原の駅から徒歩1分にも満たないF商会では、店頭でおでん缶が売られている。こてんぐのおでん缶と一緒に銚子風おでん缶も売られており、好みの方を選ぶことができる。また、店内ではパンの缶詰も販売されている。
トップジャパンではやきとり缶も販売(2006年12月撮影) ▲トップジャパンではやきとり缶も販売(2006年12月撮影)「和惣菜と酒 大膳」のおでん缶(2006年11月撮影) ▲「和惣菜と酒 大膳」のおでん缶(2006年11月撮影)メニューには「アキバのおでん缶」(2006年11月撮影) ▲メニューには「アキバのおでん缶」(2006年11月撮影)
 次は、ラジオ会館横のアーケードMyWay1にあるトップジャパンだ。この店は、アイドルDVDや雑誌を販売しているが店頭にはおでん缶が売られており、その場で食べられるように箸まで用意されている。  ショーケースに入っているおでん缶は、アキバイチにある「和惣菜と酒 大膳」という店のおでん缶だ。ここでは、メニューに「アキバのおでん缶」というのがあり、店内でおでん缶を食べる事ができるという。
このケースはダミーだ(2006年10月撮影) ▲このケースはダミーだ(2006年10月撮影)今はこてんぐは売り切れのようだ ▲今はこてんぐは売り切れのようだ肉の万世裏の自動販売機(2006年11月撮影) ▲肉の万世裏の自動販売機(2006年11月撮影)
 店頭で保温ケースに入れられているおでん缶があるのは、麻野商店だ。武装商店が入っているビルの1階にある酒屋さんだ。外に置かれているおでん缶はダミーで温かくはなっていない。店内で温められているおでん缶が販売されている。  あきばお〜は、こてんぐのおでん缶の他にも銚子風おでん缶、静岡おでん缶も販売している。そして、最近新たにキティちゃん仕様の「おでん缶物語」の販売も始めた。  何か小屋のような中にポツンとある自動販売機のおでん缶は、肉の万世の裏にある。ここは「がんも大根入り」しか扱っていない自動販売機で、しかも常温販売だ。しかし、260円と他のに比べて安めの価格になっている。
初代と4代目、一緒に販売 ▲初代と4代目、一緒に販売4代目は初代に「(新)」がついただけ ▲4代目は初代に「(新)」がついただけいつのまにやら発売1周年 ▲いつのまにやら発売1周年
 ここから、いわゆるアキバのおでん缶といわれているこてんぐのものではないおでん缶だ。LAOXが販売しているおでん缶、最近4代目が登場したようで店頭で盛んに売られている。4代目はツユや大根が入っており、1代目と比べて倍近い重さになっている。しかし、値段は同じ250円なので買うなら4代目がお得かも。
冷すおでんはいかがなものか…(2006年11月撮影) ▲冷すおでんはいかがなものか…(2006年11月撮影)キオスクでは銚子風が販売中(2006年11月撮影) ▲キオスクでは銚子風が販売中(2006年11月撮影)パンの缶詰の自動販売機もある(2006年11月撮影) ▲パンの缶詰の自動販売機もある(2006年11月撮影)
 JRの総武線のホームでは、「夏おでん」というのが売られている。冷やしても食べられるおでんということで夏おでんらしいが、その味はまだ未確認だ。  そして、キオスクでは銚子風おでん缶が販売されている。合わせてやきとり缶も販売中だ。また、同じ総武線のホームの反対側では、パンの缶詰の自動販売機がある。
寒い日は自動販売機の前に人だかり ▲寒い日は自動販売機の前に人だかり
 ここで、紹介した以外にもドン・キホーテの中でもおでん缶が販売されており、こてんぐ、静岡、キティちゃん仕様と多くの種類が販売されている。しかし、すべて店内で山積みで売られているので常温販売だ。  さて、販売されている場所を紹介してきたが、色々な場所で色々な種類のおでん缶が販売されている。店によって、値段や常温か温かいか様々に販売されている。すぐに食べるか、お土産に買っていくかで買うお店を選んでみるのが賢い買い物かも。 【関連記事】 ・「がんばれちょろぎたん」がんばって、アソビットやコトブキヤでも販売中 (2006年12月25日) ・アキバで売ってるお店はこれでおしまい? おでん缶販売情報 (2006年12月11日) ・ハローキティのおでん缶登場 具の形もキティちゃん? /a> (2006年12月3日) ・まだまだいっくよー!おでん缶のある店、エフ商会 (2006年11月21日) ・おでん缶情報、全国から募集します! (2006年11月16日) ・おでん缶追補情報 (2006年11月13日) ・新たなアキバ缶の主役となりうるか!? (2006年11月6日) ・熊本でも売っている秋葉原のおでん缶 (2006年10月26日) ・おでん缶最新情報 (2006年10月3日)