未分類

第九回maroのアキバ食べ歩き日記帖 ええスープでてまっせ!

 
 アキバ食べ歩き第9回はJR秋葉原駅電気街口から徒歩10分ほど、第7回の通りをスーパーポテトのところで左に曲がり更に歩いていくと右手にある秋葉原センタービル2Fにある「中華そば 活力屋」です。こちらは茨城県にある有名な「黒船屋」というラーメン店が東京初進出をしたお店だとか。  秋葉原センタービルというからには中央通りかと、そういうわけではなく、むしろ昌平橋通りのほうが近かったです。ビルの1Fにはふらんす亭が入っていて、その脇にある階段を上って2Fの入り口へ行けます。  階段の壁にはメニューが貼り付けられていて店の名前を捩った「活力スペシャル中華そば」や「つけめん」や「中華味玉」、「えび塩味玉」などの写真が貼られていました。メニューは割りと少ないみたいです。
活力スペシャル ▲活力スペシャルつけめん あつもりもできるみたい ▲つけめん あつもりもできるみたい中華味玉とえび塩味玉 ▲中華味玉とえび塩味玉
 2Fへあがると『ええスープでてまっせ!』と勢いよく関西弁で書かれた看板が立ててあり目を引きます。これが1Fにあったならもっと目に付きやすいんじゃないかしら…。  店内へ入ってみると中には食券機が設置されています。1万円札と5千円札は使えないみたいなので店員に両替をしてもらいましょう。店内は家具以外は黒を基調としていて落ち着いています。席数はカウンター10席と机が4席の計14席です。夕方ということもあって店内はほとんど人はいませんでした。食券を買っても店員がいないことには少し驚きましたが…。
ええスープでてまっせ! ▲ええスープでてまっせ!食券自販機 ▲食券自販機黒を基調とした落ち着いた店内 ▲黒を基調とした落ち着いた店内
 頼んだものはおすすめされた「活力スペシャル中華そば」です。スープ醤油ベースにさば節を使っているみたいで魚介系の香りが強かったです。さっぱりとした味かと思いきや、以外と油も多目で麺との絡みはよかったです。また、食べ終わるまでスープも温くならず熱かったです。麺は中細麺でストレートでした。具はメンマ、チャーシュー、ほうれん草、刻みねぎ、味玉が乗っていました。 接客: ★★★☆☆ 料理: ★★★★☆ 雰囲気:★★★★☆ コスト: ★★★★☆ 総評: ★★★★☆  チャーシューはやわらかく、焦げ目がついていて染み込んだスープととてもマッチしていました。メンマはちょっと食べるペース考えないと多いかなというくらい。味玉は中身は半熟状態でとろとろ、スープと絡めるとおいしかったです。スープはわりとさば節のにおいがきついので苦手な方はやめたほうがいいかもしれません。  値段はトッピング全部乗せをしているなかでは普通のお値段です。メニューは多いとはいえないですが何回も足を運んでも飽きないように工夫されています。
活力スペシャル中華そば 並 ▲活力スペシャル中華そば 並