未分類

店員はデモを流したことにケジメをつけるのか!?「ひぐらし」DVD第6巻発売

 
 同人作品でありながら、TVアニメ化もされた「ひぐらしのなく頃に」。昨年の大晦日に「ひぐらしのなく頃に 礼」が発売された時の行列から、その人気ぶりがうかがえる。そして、昨年放送されたアニメを収録したDVDが12日に発売されたが、アソビットでは、あるシーンだけをデモとして繰り返し流していた。  「ひぐらしのなく頃に」は『昭和50年代の架空の村落・雛見沢村を舞台に、村にまつわる古い因習「綿流し」を軸にして起こる謎の連続怪死事件を題材にした連作式のサウンドノベル(ビジュアルノベル)』(ウィキペディア)であり、同人作品でありながら、コミック化、ノベライズ、TVアニメ化など多くのメディアに展開された作品だ。  そして、昨年の4〜9月に放送されたTVアニメをDVDにした第6巻が発売された。第6巻は、第16話「目明し編 その壱」から第18話「目明し編 その参」まで収録してある。このDVDを販売しているアソビットゲームシティでは、一押しのDVDとして専用のスペースを設け、モニターではアニメの一部を流して展開していた。
第6巻発売中 ▲第6巻発売中L5クラスの人間不信に陥っている店員 ▲L5クラスの人間不信に陥っている店員「あぅあぅ」出んのか!? ▲「あぅあぅ」出んのか!?
モニターでは一部をデモ ▲モニターでは一部をデモ“デレ”モード突入開始!! ▲“デレ”モード突入開始!!今まで発売されたDVDもほとんどが品切れ ▲今まで発売されたDVDもほとんどが品切れ
 デモをしているモニターの上には「詩音たん、ついに“デレ”モード突入開始!」とあり、「使用前」と「使用後」の園崎詩音が掲げられて、その「デレ」モードの凄まじさをアニメの一部を使って伝えていた。  してモニターで流していたアニメは、第17話「目明し編 其の弐 ケジメ」のワンシーンで、詩音がけじめをつけるために拷問器具を自らの手で使い、自分の手の爪を剥ぐシーンのみを繰り返し流していた。
ケジメをつけようとしているその時 ▲ケジメをつけようとしているその時爪剥ぎ器には自分の左手 ▲爪剥ぎ器には自分の左手そして鬼の形相をしながら ▲そして鬼の形相をしながら
振り上げた拳を… ▲振り上げた拳を…苦痛の顔をする詩音 ▲苦痛の顔をする詩音念の為にぼかしを入れた(店では入ってません) ▲念の為にぼかしを入れた(店では入ってません)
 このシーンだけを繰り返して流していたのだが、これを考えた店員は罪悪を感じているのか「気分を害するようでしたら言ってね。デモシーン変えます…」とモニターにコメントをつけていた。
スタッフの皆タマ、ってこれを知らない店員がいるのか!? ▲スタッフの皆タマ、ってこれを知らない店員がいるのか!?
 …もしかして、これを記事にしないほうが良かったのかな? 【関連記事】 ・待ちに待ったよ!「ひぐらしのなく頃に 礼」アキバの発売の様子 (2006年12月31日) ・「ひぐらしのなく頃に 礼」 12月31日16時にアキバでも発売 (2006年12月29日) ・「赤坂…東京へ帰れ…」 ドラマCD「ひぐらしのなく頃に暇潰し編」発売! (2006年12月27日) 【リンク】 ・ひぐらしのなく頃に (はてなダイアリー) ・ひぐらしのなく頃に (ウィキペディア) ・オヤシロさまドットコム (フロンティアワークス) ・07th Storming Party