未分類

「はわわ、敵が来ちゃいました」恋姫†無双、予約コーナーが大変なことに

 
 にゅーあきばどっとこむでは『三国志をテーマにした美少女ゲーム「恋姫無双」が中国人の怒りを買っている』と伝えている、BaseSonの新作「恋姫†無双」の予約コーナーが大変なことになっていた。貂蝉の大きなPOPが置かれており、大事なところにゲームの予約券が入っていた。  「恋姫無双」は、美少女ゲームブランドBaseSonの新作で今月の26日に発売予定となっている。このゲームは、主人公が三國志の世界へタイムスリップしてしまう内容のものだが、三國志に登場してくる人物がみな女性化されているのが特徴。登場人物の正確は元々の人物と同じように作られているのもあるが、中には諸葛亮のように「は、はわわ、ご主人様、敵が来ちゃいました!」と完全に萌え化してしまっている人物も。
ソフマップでは予約第1位 ▲ソフマップでは予約第1位特典ディスクの内容 ▲特典ディスクの内容特典ディスクジャケットのラフ画 ▲特典ディスクジャケットのラフ画
 ソフマップではこのゲームをコーナーを作って予約を受け付けているが、そこのコーナーが大変なことになっていた。オリジナルでは「後漢の臣王允の養女とされる人物。楊貴妃・西施・王昭君と並び、古代中国四大美人の一人に数えられる」(ウィキペディア)という貂蝉がゲームではマッチョ化されており、ソフマップのコーナーには1mぐらいのPOPが置かれていた。  そして、その膨らんだ股間には「ご予約好評受付中!」としてこのゲームの予約券が入っており、左下には諸葛亮が「うほ これは いいちょうせん ですね」とコメントをしていた。
!!! ▲!!!諸葛亮いわく、うほ ▲諸葛亮いわく、うほ予約券がと、取りにくい ▲予約券がと、取りにくい
あまり欲しくない特典ディスクだ… ▲あまり欲しくない特典ディスクだ…貂蝉画像ばっか、いやーん ▲貂蝉画像ばっか、いやーんうほっ ▲うほっ
 また、にゅーあきばどっとこむによると、このゲームは中国のネットユーザーの怒りを買っているらしく、ネトゲ研究日誌さんによると『現在中国ネチズンたちは日本人によって自国の伝統性がこれ以上侵害されてはいけないと政府次元で正式に抗議しなければならないと口をそろえて言っている』らしく、『自国の代表的な文学を真っ向から踏みにじると激怒しているらしい』とのこと。
予約好評受付中! ▲予約好評受付中!
 さすがに発禁になることは無いと思われるが、予約数の多さからも人気の高さが感じとれるこの作品、発売当日は品切れになる店も出てくるかもしれないので、確実に欲しい人は早めの予約をしておいたほうがいいかも。 【リンク】 ・三国志をテーマにした美少女ゲーム「恋姫無双」が中国人の怒りを買っている (にゅーあきばどっとこむ) ・18禁三国志に激怒ネトゲ研究日誌さん) ・諸葛亮ジェネレータ (外道スタイルさん) ・貂蝉 (ウィキペディア) ・BaseSonソフマップ