未分類

Windows Vista発売まであと16日 マイクロソフトも黒歴史は隠したい?

 
 2007年1月30日にMicrosoft Windows Vistaが発売される。秋葉原でも0時売りが敢行されるみたいで、ドスパラ秋葉原本店では店頭で大きなパッケージを模した箱が置かれていて発売までのカウントダウンをしていた。売られるのは1万本限定でDSP版のみの販売のようだ。  Microsoft Windows Vistaは日本で発売されるのは5タイプあり、はてなダイアリーによると  「Windows XP Home Edition」の後継バージョンで、見映えのするインターフェースやハイエンドのメディア機能は提供されない「Windows Vista Home Basic Edition」  一般ユーザー向けのハイエンド製品でVistaの新しいインターフェースも搭載している「Windows Vista Home Premium Edition」  「Windows XP Professional」の後継バージョンで企業向けのツール類も含まれる等企業向けOSの主流製品となる「Windows Vista Business Edition」  ボリュームライセンス購入企業にのみ提供され、「Business Edition」のすべての機能を含むほか、暗号化やUNIXサービス、仮想マシンなどの諸機能も追加されている「Windows Vista Enterprise Edition」  「Enterprise Edition」と「Home Premium Edition」の各機能が組み合わされた最上位製品の「Windows Vista Ultimate Edition」 となっている。  また、日本では発売されない発展途上国向けの「Windows Vista Starter」というものもあり、32ビットマシンだけに対応し、同時に動かせるプログラムの数に制限がある。
パッケージ正面 発売まで後16日 ▲パッケージ正面 発売まで後16日パッケージ左 Windows Vista Ultimateの文字 ▲パッケージ左 Windows Vista Ultimateの文字パッケージ右DSP版の注意書き ▲パッケージ右DSP版の注意書き
 ドスパラ秋葉原本店店頭にあったWindows Vista 発売記念オリジナルパッケージには「2007年1月30日深夜0時より発売開始!」とされていて発売まであと16日という日捲りカレンダーも付けられていた。発売されるDSP製品は、PC本体にインストールされた形、もしくはパーツと合せた形で購入する製品で、Windows VistaのOSのみの購入は出来ない。付属のパーツは様々であり、CPU、内臓メモリ、CD-RW等のドライブなどがある。  巨大パッケージの後ろにはマイクロソフトの歴史が書かれていて、Windowsの成長の様子を知ることが出来る。残念なことにマイクロソフトの黒歴史についてはほんの少ししか書かれていなかった。
後ろにはウィンドウズの歴史が ▲後ろにはマイクロソフトの歴史がビルゲイツとポールアレンがマイクロソフトを設立 ▲ビルゲイツとポールアレンがマイクロソフトを設立1/30零時販売 ▲1/30零時販売
かなりでかい特別パッケージ ▲かなりでかい特別パッケージ
【リンク】 ・Microsoft Windwindows Vista HomeWindows Vista とは (はてなダイアリー) ・Windows Vista (Wikipedia)