未分類

第14回中本順久の突撃DQN!WRYYYYYY!!コレがジョジョ立ち!

 
 ドッギャアァァーン!!!!!!中本順久だッ!!!前回作ったハンバーガーを食べきれなかったからなにか面白い事をしてとスタッフに言われ、どうしようか散々悩んだ挙句に思いついたのが「ジョジョの奇妙な冒険」のジョジョ立ちなんだッ!!これは一種の芸術なんだぜ!! …調子乗りすぎました?  今回はこちらのジョジョ立ち教室を参考にジョジョ立ちを披露していきたいと思います!こちらのジョジョ立ち教室ではレベル1から10までランク分けされているんですけど、僕は10までできるか挑戦してみたいとおもいます!ジョジョ立ち教室と見比べながらジョジョ立ちの奥深さを味わってみてください!  まずはレベル1から。こちらは第4巻の表紙になっています。これは基本的なポージングですね。  続いてレベル2です。こちらは第8巻の表紙です。これはもうちょっとあごを引いたほうが良かったかもしれませんね…。  次にレベル3です。こちらは第13巻の表紙です。よく見るとボクの左手の表裏が逆でしたね…。今後はちゃんと気をつけます…。
レベル1 ▲レベル1レベル2 ▲レベル2レベル3 ▲レベル3
 さて、次はレベル4ですがここらへんからだんだん難しくなっていきます…。これは第7巻の表紙ですね。まずありえないのが左手の指の形…。小指と人差し指が中指と薬指を越えてくっついてます!これどうやったらできるんだ!でもやると決めたからにはやる男ですよボクは! ジャキィィィン ってできませええん!くっつきませんよこれ!ほんともうコレで勘弁してください…。  気を取り直してレベル5です。これは第5巻の表紙なんですけど、二人いるんですよ…。えーと、頑張って二人分やります!ちょっとわかりづらいですがこんなかんじですか!奥のボクの右手の向きがなんか違いますね…。ごめんなさい。  つぎはレベル6です。これは第3巻の表紙です。こちらも合体技ですね…。一人でやるんでしょどうせ!またこれも手の向きが違いますね。顔がいかついことになってるのは絵を忠実に再現しようとしている表れですからねッ!
レベル4 ▲レベル4レベル5 ▲レベル5レベル6 ▲レベル6
いよいよ本格的に…いや、骨格的におかしくなってきました。次はレベル7です。これは第27巻の表紙ですね。椅子がないと再現不可能なので椅子に座ってのポーズです。DIOの残虐な顔が表現できてると自分では思っています!  ハイ次ッ!次はレベル8ですよ。51巻の表紙です! ズギュゥーン!これ体制キツイィィィッ!でも俺はできる俺はできる俺はできるッ!!! …ッはぁ…はぁ…無理はよく…ないよね…(動かなくなる中本) もう少しで終わりだ…頑張ろう…  ハイ次です!レベル9は第61巻の表紙です。できるだけ姿勢を後ろへ持って行きながら椅子から落ちないように気を配って握手を求めるポーズッ!!!!! 
レベル7 ▲レベル7レベル8 ▲レベル8レベル9 ▲レベル9
 ハァハァハァ…苦しい戦いだったがそれもコレまでだ!次で最後にしてやる!!ズゴゴゴゴゴゴゴゴ………これがレベル10ダアァッ!!難易度高いゼエェェェェ!! スタッフ「膝おちてるぞ」 なんだってええぇぇぇ!!?? ほんとだ、よく見ると膝は腰の高さまで上がってるんだな…。 よし、気をとりなおしてエェェェェェ! 俺に不可能はないッ!
レベル10 膝が下を向いているッ!? ▲レベル10 膝が下を向いているッ!?そういうことだったのネェ〜ン! ▲そういうことだったのネェ〜ン!時よとまれぇぇぇッ!!! ▲時よとまれぇぇぇッ!!!
 ジョジョ立ちとはこういった感じだッ!!わからないだと!?だが断る!やれやれだぜ…。 では第15回突撃DQNでお会いしよう!中本順久でしたWRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!! 【リンク】 ・ジョジョ・コーナー/総目次ジョジョ立ち教室