未分類

第七回ギルガメッシュパーティナイト!めがっさスターでメガスター

 
ご無沙汰。 暇人@ぎっちょんだよ。 パーティナイトの更新が滞っていて、ごめんな。 プライベートで色々あって、大変だったんだ。 許してくれよな。  それじゃ、今回のゲーム紹介だ。今回のゲームは、『メガスター』。
パッケージのエアギターがイカスぜ。 ▲パッケージのエアギターがイカスぜ。
 箱を開けてみると、インパクトの強いカードにビックリだぜ。山崎ハコにしか見えないミュージシャンや、北斗の拳の敵キャラだろ!って、突っ込みたくなるカード。それに、今にも死にそうなおじいちゃん。  カードは、二種類七色あるぜ。プレイヤー人数に合わせて、枚数を変えなきゃいけないから気をつけるんだぜ。CD柄のカードを取り除いて、必要な色だけシャッフルして、山札にしてくれ。  CD柄のカードは、ランダムで縦に並べるんだ。山札は、列の一番上の所において置く。あとは、プレイヤーごとに五枚手札を配っておくんだぜ。  このゲームは、列の右側をマーケット、左側をプールと呼ぶから、覚えておいてくれ。  さて、ゲームの開始前にマーケットに11枚のカードを山札から置いていってくれ、この時、11枚のカードは、同じ色の横に置いていくんだ。  後は、適当な手段で手番を決めてくれ。これで、ゲーム開始前の準備は完了だ。
CDカードを並べるとこうなるぜ ▲CDカードを並べるとこうなるぜこれで準備は完了だ ▲これで準備は完了だ手札は全部で五枚だ ▲手札は全部で五枚だ
 全プレイヤーは、最初にカードを一枚づつふせるんだ。このふせたカードは、変える事はできないから気をつけろ。  自分の手番が来たら、ふせたカードをオープン。カードは、その色のプールに置くんだ。置いたら次は、マーケットから好きなカードを一枚取る。山札からも一枚とって、新たに一枚カードをふせて手番終了だ。基本的には、この繰り返しでゲームが進行するぜ。  さて、もしもオープンした時にプールに同じカードが三枚溜まってしまったら決算というターンに入るぜ。決算は、一番上のカードから順にプールにあるカード分だけ上に移動するんだ。その際、プールのカードは全部、マーケットに移動するぜ。  山札がなくなった時に、手札が点数になる。一番上にあるカードなら、一枚につき五点。二番目なら四点という風になる。  山札がなくなった時に、一番上のカードを多く持ってるからといって、安心しちゃいけないぜ。山札がなくなった時点で、さらに決算しなきゃいけないんだ。ここで、順位が変われば負ける可能性もあるから気をつけろ。  さて、それじゃ、さっそくゲームプレイだな。  このゲームは、ひとつの色を徹底的に集めるのが勝利の秘訣だ。ということで、マーケットに一番枚数が多い赤カードから集めるぜ。  赤を一位にするためには、まずは、プールにカードを入れていかなきゃいけないぜ。ところが、プールに置くと手札にカードが溜まらない。この駆け引きがこのゲームの面白い所だ。  と、そんなこんなで、上手く赤で決算を起こせたぜ。一気に三位も上がるぜ。
初期状態でマーケットに四枚あるぜ ▲初期状態でマーケットに四枚あるぜ赤を置いて、赤をもらう ▲赤を置いて、赤をもらう三枚そろえて決算だ ▲三枚そろえて決算だ
 ここまでくれば、一安心だ。とりあえず、カードを集めることに専念だ。適当な色を置いて、赤をもらっていくと、赤のカードばかりが溜まっていくぜ。その間、一度決算が起きて、さらに順位が上がったぜ。だが、困ったことにマーケットに赤のカードがなくなって来た。このままじゃ、赤のカードを集められなくなっちまう。ということで、一気に順位を上げてしまう作戦に出たぜ。  赤カードで再度決算を起こして、マーケットにカードを補充だ。
徐々に他の色も置かれていくぜ ▲徐々に他の色も置かれていくぜ順調に順位を上げていくぜ ▲順調に順位を上げていくぜそして、一位だ ▲そして、一位だ
 この時点で、ゲームも終盤だ。決算も後二回くらいだと思うぜ。俺の手札もかなり真っ赤だ。あとは、一位をキープしてれば圧勝で終わるぜ。
ん? ▲ん?俺の手札はすでに真っ赤 ▲俺の手札はすでに真っ赤雲行きが… ▲雲行きが…
赤カードは、無駄に… ▲赤カードは、無駄に…
 また、俺の敗北か…