未分類

ライダー必見!秋葉原で唯一のバイク用品店!?

 
ZOA 秋葉原本店 秋葉原と言ったら、電気街といったイメージやオタクが集まる街といったイメージが強いと思う。確かに街を見渡せば目に入ってくるのは、電化製品を扱うお店やオタク向けのお店ばかりだ。そんな街「秋葉原」の中にあって、珍しいお店を紹介しよう。バイク乗りやバイクに興味のある人は、特に必見である。  タイトルにはバイク用品店と表記したが実はここ、電化製品を扱うお店である。何を言ってるか意味が分からない!と憤慨している方もいるかもしれないが、まぁ怒りを静めて私の説明を聞いてほしい。    ここは1Fが電化製品などを販売している「ZOA」というお店である。そして2、3Fがバイク用品を扱っている「BYQプラザ」というお店なのである。しかしBYQプラザはZOAの系列なので一緒だと思ってもらっていいと思う。分かりやすく言うのであれば、ZOAのバイク用品を扱うコーナーがBYQプラザということになる。現に山梨のZOA(ちなみに全国展開している)は一つのフロアに電化製品とバイク用品が分けられて販売されていた。  さて、説明はこのくらいにして早速お店の中を覗いてみよう。
オイルケミカルコーナー ▲オイルケミカルコーナー 盗難防止ロックコーナー ▲盗難防止ロックコーナー ショーケース内はナビコーナー ▲ガラスケース内はナビコーナー
もちろん工具やミラーも  ▲もちろん工具やミラーも ライディングシューズ ▲ライディングシューズ ツーリングバッグなども ▲ツーリングバッグなども
日本で2番目に安い! ▲日本で2番目に安い! ヘルメットコーナー ▲ヘルメットコーナー ジャケットコーナー ▲ジャケットコーナー
 2Fに上がってみると、そこにはバイク用品が所狭しと並んでいた。印象としては、売り場面積は狭いものの基本的なところは押さえてあり、比較的豊富なラインナップには驚かされた。しかしカウルなどの外装部品は置いてなかったので、カスタム用品を揃えようと思って来店した人はがっかりするかもしれない。しかし、エンジンオイルから始まり、シューズやグローブ、ブレーキパッド、盗難防止ロック、ヘッドライト、チェーン、ツーリングバッグなどなど品揃えは豊富で、基本的なものはほとんど揃う。お店自体はあまり大きくはないので、正直、メーカーなどにこだわる人には向かないかもしれない。なぜなら、いろいろなカテゴリーの用品はラインナップされてるが、売り場面積の関係もあり、多種多様なメーカーを選択できないからだ。ブレーキパッドを例に挙げるなら、DAYTONA赤パッドしかおいていなかった。ちなみに純正部品なども扱っており、欲しいものがあればメーカーから取り寄せてくれるとのことである。    3Fに上がってみると、ヘルメットとジャケットなどが陳列されていた。ヘルメットはたくさんラインナップされており、見る者の心を躍らせる。しかし、やはり一番気になったのは、お店の中に懸かっていた「日本で2番目に安いヘルメット王国」のうたい文句。「1番!」とか「ナンバー1」とかいううたい文句は世間のいたるところにあるが、「2番!」というのはなかなか見ないし聞かない。それだけにそのインパクトはすさまじいものがあった。  秋葉原にはバイク用品ショップというものがなかなかないので、このお店の発見は私にとって大変有意義なものであった。秋葉原に寄った際には、訪れてみてはいかがだろうか。
CB1300スーパーボルドール ▲CB1300スーパーボルドール
 お店から出ると、すぐ近くにCB1300スーパーボルドールに乗ったカッコイイおじ様がいたので、無理言って撮らせてもらっちゃいました。個人的には欲しいバイクの一つですね。 【関連記事】 ・痛単車秋葉参上!! (2006年10月14日) 【リンク】 ・株式会社ZOAZOA秋葉原店株式会社デイトナCB1300スーパーボルドール (HONDA)