未分類

ローゼン麻生の「暴れまがり明太子せんべい」アキバで販売中

 
 麻生太郎外相をモデルにした「太郎ちゃんの牛乳カステラ」を作っていた大藤があらたなオススメ人気土産として「太郎ちゃんの暴れまがり明太子せんべい」をつくり、アキバのみやげ物などが置かれているショップで販売されていた。パッケージには出身地である「福岡の人気者 アキバでも!」と書かれていた。  大藤の商品説明では『「福岡発」! 太郎ちゃんの地元名物「飯塚山笠」などをモチーフに。おせんべいの生地には明太子を練り込みました。じっくり焼いた香ばしさと、ピリっと辛い明太子のうまみがいつまでも口の中に残るので、ついつい次の一枚に手が伸びてしまいます』とあった。前回の牛乳カステラは麻生氏本人の好物だったけど、今回の「まがり明太子せんべい」は出身地福岡の名産品である明太子が味わうことが出来るようだ。  パッケージでのアオリは「じっくり焼いた香ばしさと、ピリっと辛い明太子のうまみがいつまでも口の中に残るので、ついつい次の一枚に手が伸びてしまいます」というもの。キャラクターとして描かれていた麻生氏の胸元からは、牛乳カステラでも登場した「タロウ13」が見えていた。
ついつい手が伸びてしまう ▲ついつい手が伸びてしまう でもやっぱりコミックは手放せない ▲でもやっぱりコミックは手放せない ▲胸元にはタロウ13
 「麻生さんて格好いいよねー!」と麻生太郎さんに萌えているたろうのひめくりさんでは『テレビ朝日系列の夕方の番組のスーパーJチャンネル、本日の放送で太郎ちゃんの暴れまがり明太子せんべいを取り上げていました』とのこと。製造元の大藤の社長が『「晋ちゃんまんじゅう」に負けないくらいの勢いでスタートダッシュしました』と言っていたみたい。  名前の由来は週間新潮に掲載されていたようで『今後はご出身の福岡で、明太子味の煎餅も販売します。ご本人の口が曲がっているので、煎餅も同じようにします。業界では、平らではない煎餅を「暴れている」と呼ぶので、商品名は「太郎ちゃんの暴れ曲がり煎餅」になるという』と紹介されていた。  ローゼンメイデンを読みながらこの暴れ曲がり明太子煎餅をたべるのが麻生氏への敬意の表れにもなるかもしれない。
パッケージ見本品 ▲パッケージ見本品 QPたらこっぽい太郎ちゃん ▲QPたらこっぽい太郎ちゃん
【関連記事】 ・死神リューク、思わず卒倒! アップルクランチ&クッキー発売中 (2007年2月6日) ・アキバ発…どこ着? ナカウラ前で太郎ちゃんカステラ大量販売 (2007年2月4日) ・太郎ちゃん牛乳カステラ 新たなアキバ土産となりうるか (2007年1月6日) 【リンク】 ・麻生太郎 オフィシャルウェブサイト麻生太郎 (ウィキペディア) ・大藤おすすめ人気菓子 (大藤) ・太郎の底力!! (たろうのひめくり)