未分類

アソビットゲームシティ、映画公開記念で「デドアラゲーム特集」

 
 やぎのヒトリゴトさんが『内容は「燃えよドラゴン・チャーリーズエンジェル版」って感じだったわ(笑』と感想を述べている、テクモの格闘ゲーム「DEAD OR ALIVE」の映画版「DOA デッド・オア・アライブ」が10日に公開された。アソビットゲームシティでは映画公開記念として「デドアラゲーム特集」を展開していた。  「DEAD OR ALIVE(デッドオアアライブ)」はテクモが制作した3D格闘ゲームで、ウィキペディアでは、『キャラクターの大胆なアニメーションや、コスチュームがバリエーション豊富なのも本作の売りのひとつ』としている。そして、それを実写映画化したものが「DOA デッド・オア・アライブ」であり、2002年に映画化の発表が行われてから実に4年の時を経て10日に封切された。  この映画を観たやぎのヒトリゴトさんは、『内容は「燃えよドラゴン・チャーリーズエンジェル版」って感じだったわ(笑』と感想を述べており、『後半はすっかりDOAということを忘れて、チャーリーズエンジェル観てる気分になったてよ’`,、(‘∀`) ‘`,、』と伝えている。
アソビットゲームシティ4階 ▲アソビットゲームシティ4階映画の前にゲームから ▲映画の前にゲームから新作映画情報のチラシ ▲新作映画情報のチラシ
進化を遂げた驚愕のDOA ▲進化を遂げた驚愕のDOAケイン・コスギ(>ω<)b ▲ケイン・コスギ(>ω<)bモータルコンバットではありません ▲モータルコンバットではありません
 アソビットゲームシティの4階では、XBOX360で発売された「DEAD OR ALIVE4」と「DEAD OR ALIVE Xtreme2」と合わせて、『映画「DOA/デッドオオアアライブ」公開記念』と称した、『デドアラゲーム特集』を展開していた。  正面の液晶モニターには、映画版「DOA」のプロモーションビデオを流しており、『デドアラが映画でこんなに凄くなりました』としており『映画を観る前に是非ゲームを…!』と宣伝していた。そして、映画公開記念として「DoA X2」購入者には「常夏のハッピートランプ」を、「DoA4」購入者には「オリジナルポストカード2種」を先着でプレゼントするとのこと。  また、壁にはゲームのデモを流しており、そこにはゲームの登場人物と配役の対比表があり、ティナ役にはJaim Pressly氏、クリスティ役にはHolly Valance氏、エレナ役には、Sarah Carter氏、リュウ・ハヤブサ役にはケイン・コスギ氏と紹介をしていた。別のPOPでは、『リュウ・ハヤブサ役で我らのアイドルケインコスギも出てます』と書いてあり『遂にハリウッド進出』と讃えていた。
ここまでやるならバカにゃ見えない水着で ▲ここまでやるならバカにゃ見えない水着で『新しいハードで飛躍的な進化』としてDOA3とDOA4をデモ ▲『新しいハードで飛躍的な進化』としてDOA3とDOA4をデモジョルジュ長岡もご満悦 ▲ジョルジュ長岡もご満悦
 いかにもB級的な感じのするこの映画。あまり多くの人にオススメはできないが、B級映画好きなら見ておいて損はないかも。
我らのアイドル、ケイン・コスギも遂にハリウッド進出 ▲我らのアイドル、ケイン・コスギも遂にハリウッド進出
【リンク】 ・映画『DOA(デッド・オア・アライブ)』やぎのヒトリゴトさん) ・デッドオアアライブ (ウィキペディア) ・DOA公式サイト映画「DOA/デッド・オア・アライブ」2007年2月10日の公開が決定!! (GAME Watch) ・DEAD OR ALIVE (オフィシャルサイト)