未分類

温めると服が透ける夢のようなフィギュア メタモフィギュア「アスカ」発売

 
 バンダイ ベンダー事業部から発売された温感インク・メタモカラーを採用した色が変わるメタモフィギュアシリーズの第一弾、惣流・アスカ・ラングレーが秋葉原のホビーショップに入荷していた。昼過ぎに見たときには新商品棚にはなかったので夕方頃入荷したみたい。  メタモというのは、温度によって染料の色が消える塗料のことで、アスカの服に色がメタモ染料が塗られていて、手などで触って暖めるとその部分が透明になって下が透けて見えるようになるもの。あたため具合によってはニーソックスが破けている感じなんかも再現できてしまうだろう。  パッケージには注意として『フィギュアを箱から取り出した後は、一度約16℃以下に冷やし、カラーリングをノーマルにしてから遊んでください』という一文が書かれていた。『黒ワンピース、黒ストッキングの部分を指で触るなどして温めるとカラーリングが変化!!』ともあり、水着が露出して素足状態になるみたい。そこは水着じゃなくて下着だったらいいのに…。
アスカの黒ワンピース姿 ▲アスカの黒ワンピース姿 透けると下着が見えてくる ▲透けると水着が見えてくる 中学生とは思えない色っぽさ ▲中学生とは思えない色っぽさ
 また、今までになかったメタモフィギュア特有の「メモリー機能」というものもあり、温めて変化させた部分は約16℃以下で冷やすまで色が固定されるので好きなように透けさせた後いつまでもその度合いを保つことが出来、違う透けさせ方をしたい場合は一度冷やして色をリセットすればいいということだ。
▲30℃以下でノーマルカラー(黒) ストッキングも黒い 16℃までは肌色キープ ニーソが生足に… ▲16℃までは肌色キープ ストッキング部分が生足に… 部分的に暖めることも可能 ▲部分的に暖めることも可能
 入荷していたのを見かけたのはコトブキヤラジオ会館と、『開封時に色が変化している部分がある可能性があります。ご了承下さい』というPOPがついていたLAOXアソビットキャラシティ。  メタモフィギュアの第2弾として予定されているのが涼宮ハルヒのバニー姿で、学園祭のエピソードで着ていたものと同じバニースーツが黒から白へと変わるみたい。
コトブキヤラジオ会館店 ▲コトブキヤラジオ会館店 ▲アソビットキャラシティ 既に変化した状態になっていることもあるみたい ▲既に変化した状態になっていることもあるみたい
30℃と16℃をいったりきたりで劣化しないかが心配だ ▲30℃と16℃をいったりきたりで劣化しないかが心配だ
【リンク】 ・バンダイ