未分類

キャラじゃなくてロボをフィギュア化して下さい 神無月の巫女サンプル展示中

 
姫子と千歌音 先日よりコトブキヤラジオ会館店神無月の巫女来栖川姫子と姫宮千歌音のフィギュアサンプルが展示されている。このフィギュア、妙に胸を強調して作られており、さらに巫女服を取り外す事ができるらしい。また、付属のパーツを使用することで二人を組み合わせることができるようだ。  神無月の巫女は、月刊少年エースに掲載されていた介錯原作の百合アニメで、U局でアニメ化もされた作品である。当時、一部ファンの間では「マリガン」と呼ばれ(マリア様がみてる+ガンダム÷2=神無月。こっちのマリガンのことではない)、それほどまでにロボットと百合が印象的な作品であった。そんな神無月の巫女のメインヒロイン二人が、今回フィギュア化された。
主人公の来栖川姫子 ▲主人公の来栖川姫子 ▲『巫女服に分割線が…』の部分 刀を抱いてます ▲刀を抱いてます
宮様こと姫宮千歌音 ▲宮様こと姫宮千歌音 こちらにも分割線が ▲こちらにも分割線が む、胸が… ▲む、胸が…
 フィギュアサンプルと一緒に付けられていたPOPのには『巫女服に分割線が、もしかして…。』(姫子のPOP)と、『巫女服がはだけて目のやりばに…。』(千歌音のPOP)と書かれていた。巫女服がはだけた後の二人の姿はかなり気になるが、顔や髪のできがそこまで良くないこのフィギュア…購入は少し戸惑うところだろう。ハピネットさん、なんとかして神無月のロボを神クオリティで製作してはもらえないだろうか。 【リンク】 ・神無月の巫女月刊少年エース介錯電子学園「マリア様がみてる」ガンダムパーフェクトウェブハピネットロビンコトブキヤラジオ会館店