未分類

第14回maroのアキバ食べ歩き日記帖 中華料理 泰園

 
中華料理 泰園 アキバ食べ歩き第14回目はJR秋葉原駅から徒歩15分、昌平橋通りの大きな交差点の角にある「中華料理 泰園」です。第8回食べ歩きで紹介しました小諸そばに近いところです。(MAP)少し古ぼけたような店構えで本格中華ではなく家庭的な中華料理を食べることが出来るお店です。   店頭は大きなリーフがあり雨の日も傘をたたむときに濡れないようになっています。壁にはチャーハンや餃子、炒め物などの写真があったり、セットメニューのが書かれていました。つけ麺、半チャーハンセット、餃子セットなども分けて貼られていました。黒板には本日の定食みたいな感じのものが書かれていて、回鍋肉(ライス・スープ付)、ラーメン半チャーハン、担々麺半チャーハンが書かれていました。
店頭の写真付きメニュー ▲店頭の写真付きメニュー 麺類のメニュー ▲麺類のメニュー 本日のランチ ▲本日のランチ
 店内は外見で想像するよりも広く、テーブル席がまばらに置かれていました。席数は23席くらいで、卓ごとにラー油や酢、胡椒などの調味料がまとめて置かれています。ちょっとほの暗い感じの店内に、14インチくらいの大きさのテレビが設置されていて昼番組が流されていました。こういうこじんまりした中華料理屋だとこういうのも雰囲気があっていいかもですね。
店内は少し暗かった ▲店内は少し暗かった メニュー 麺類だけでなくご飯、セット、一品料理など ▲メニュー 麺類だけでなくご飯、セット、一品料理など 回鍋肉ランチセット ▲回鍋肉ランチセット
 今回頼んだものは店頭の黒板にあった回鍋肉ランチセットです。平皿に山盛りにされたライスと、小さな器にオニオンスープが入っていて、先にその二つがテーブルに運ばれてきました。こういうところだと茶碗かも、と思ったのですが平皿でした。  写真を見るとキャベツが多いように見えますが、周りだけがキャベツが多く中は豚肉がたくさん詰まっていました。中華料理らしく油が結構多めで多少ギトギト感はありますが、キャベツの歯ごたえと肉の柔らかさがいい感じにマッチしていました。味事態は濃すぎず、逆に少し薄いかなと感じたくらい。量は多めになっているのでご飯と食べるペースを考えながらのほうがいいかもしれません。
接客: ★★★☆☆ 料理: ★★★☆☆ 雰囲気:★★★★☆ コスト: ★★★★☆ 総評: ★★★☆☆ ▲中華料理 泰園
 料理は油多めで味は薄め、だけど量が多いので満腹感はありました。雰囲気はちょっと暗いので不気味かもと思いますが、小さな中華料理屋としてみればそんなに気にするところでもないと思います。値段は料理の量と見比べてみると普通から少し安いくらいでちょうどいい感じです。  他のお客さんがつけ麺やラーメンを頼んでる人が多く見受けられたので、ミスチョイス感はありました…。次回行くときは麺類を食べてみようと思っています!
回鍋肉 外はキャベツだけど中には肉が! ▲回鍋肉 外はキャベツだけど中には肉が!