未分類

ファンタジーな世界観にどっぷり♪ 霜月はるか「ティンダーリアの種」発売

 
霜月はるか TVアニメ「ローゼンメイデン」を筆頭に数々のアニメやゲームの主題歌を担当し、その透明感のあるやわらかい歌声でファンタジーサウンドの第一人者として確固たる地位を築いてきた歌姫が霜月はるかである。その彼女の待望のニューアルバム「ティンダーリアの種」が本日リリースされた。  今回発売された「ティンダーリアの種」はオリジナルファンタジーボーカルアルバムなるもので、聴く者にファンタジーの世界観を感じさせる作りになっている。公式サイトでは実際に試聴ができるので聴いてみるのも良いかもしれない。ちなみに12曲が収録されているのだが、試聴できるのはそのうちの「2.祈りの種」「2.花祭りの娘」「5.今夜の月が眠るまで」「11.護森人」の4曲となっている。個人的にはそのファンタジーの世界観を感じさせる曲調が好きなのだが、人によっては今回の「ティンダーリアの種」は感想がまちまちなようだ。  月の鎮魂歌 -Requiem of the moon-さんは『ざっと聴いてみた感じ、私が霜月はるかにハマるきっかけとなった「霧の向こうに繋がる世界」クラスの神曲は無し。それ系の曲も無し。好みで言うなら微妙の一言に尽きます。。』と感想を漏らしていた。しかし『曲調、歌詞だけでも十分すぎる程の情景が伝わりますし、それをブックレットに描かれた絵によってより具体的なものにしている…気がする。』と賛美もしていた。  ゲーマーズには「ティンダーリアの種」のコーナーが設けられ、デモ映像も流されていた。ゲーマーズオリジナル特典としては、B2サイズの告知ポスターをプレゼントしているようだ。またケースの右上に目を向けると「初回封入特典 藤村あゆみ描き下ろしキャラクター・トレーディングカード(全3種から1枚をランダムで封入)」と表記された銀のシールが貼ってあった。
ゲーマーズのコーナー ▲ゲーマーズのコーナー まだまだありました ▲まだまだありました 特典ポスタープレゼント ▲特典ポスタープレゼント
見ているだけで癒されるパッケージ ▲見ているだけで癒されるパッケージ 裏はこんな感じ ▲裏はこんな感じ アソビットにも置かれていた ▲アソビットにも置かれていた
 アソビットゲームシティを始め、他の店舗では商品が置かれているだけで特に目立った告知はされていなかった。しかしコミックとらのあなでは「ティンダーリアの種」発売を記念して霜月はるかミニライブが3月3日(土)13:00からと16:00からの2回行われるそうだ。ちなみに整理券は既にどちらとも配布終了している。 【リンク】 ・ローゼンメイデン霜月はるか (Wikipedia) ・ティンダーリアの種公式サイト霧の向こうに繋がる世界ゲーマーズアソビットゲームシティコミックとらのあな