未分類

第九回ギルガメッシュパーティナイト!一匹いたらかなり居るG!

 
第9回ギルパが始まるよ! 地球の皆さんこんばんわ。夢遊病@ぎっちょんだよ。今週はめちゃくちゃやる気がないぜ。紹介のテンションもかなり低めだ。さらに宣言しておくぜ。今回のゲーム紹介はめちゃくちゃ短い!ゲームがかなりシンプルだからな。毎回期待なんてしてないと思うが、今回は更に期待するなよな!! それじゃ、グダグダ言ってるのも面倒くさいから、さっさとゲーム紹介しちまうぜ。
イラストでも十分気持ち悪い ▲イラストでも十分気持ち悪い
 画面の前の皆はGは好きか?Gつってもガンダムじゃないぜ!そう、ゴッキーちゃんだ。ちなみに俺は大嫌いだ!じゃあ、クモは?コウモリは?サソリは?カエルは?ネズミは?もちろん俺は全部大嫌いだ!!そんな不気味生物たちを押し付けあうゲームが今回のゲーム『ゴキブリポーカー』だ!心底、カードがイラストで良かったぜ。実写だったら絶対にプレイできないからな!  さて、ルール説明だが簡単すぎて書くことが少ないぜ。まずは全部のカードを全員に配ってしまってくれ。ここは公平に配れよ。後は、適当な手段で最初のプレイヤーを決めてくれ。  最初のプレイヤーは誰か一人を選んでカードを一枚裏向きに渡す。この時、カードに書かれた不気味生物の名前を宣言する事。ここが重要だ。この宣言は嘘でもいいし、本当でもいい。渡された相手はその宣言が嘘か本当か予想し答える。予想が正解ならカードを出した方がカードを取る。不正解なら渡されたプレイヤーが取る。カードを渡されたプレイヤーは、予想を言う以外に渡されたカードを見て、そのカードを他のプレイヤーに同じように渡すことができるぜ。この時も渡された相手は嘘か本当かを予想し、不正解なら渡された人が回収する。正解ならそのカードを回した人が回収する事になるぜ。自分以外に誰かまだカードを見たことがない人が居る限り回すことができるから上手く使ってくれ。最後にカードを渡された人がスタートプレイヤーとしてまた別の人にカードを一枚渡す。回収したカードのうち、一種類が四枚たまってしまった人の負けだ。
相手がカエルと宣言し俺が嘘だと予想した結果、このカードは俺が貰う訳だ ▲相手がカエルと宣言し俺が嘘だと予想した結果、このカードは俺が貰う訳だ スカウトが渡されたカードを見るぜ。 ▲スカウトが渡されたカードを見るぜ そのカードは、他のプレイヤーに回すんだ ▲そのカードは、他のプレイヤーに回すんだ
 さて、今回は説明だけじゃなくゲーム自体もあっさり終わるぜ。 前半は誰も嘘をつかないというセオリー無視のまさかの展開だ。おかげで一発目からカエルを貰っちまったぜ。だから、俺もカエルをスカウトに押し付けるぜ。スカウトはそのまま他のプレイヤーに回したが、予想が的中してスカウトがカエルゲットだ。そして、俺はネズミもゲット。ゲットとか言ってるが追い詰められてるぜ。そして、数ターン後にはカエルが三枚だ。
カエルはまだ可愛く見えるぜ ▲カエルはまだ可愛く見えるぜ なんか、勝てる気がしない ▲なんか、勝てる気がしない カエルでリーチ ▲カエルでリーチ
 一方スカウトは多種類を一枚づつ取得してる。ただ種類がそろっても不利にならないんだよなぁ…ちなみにスカウトは、全種コンプリートしました。プレイ後に解った事だが、このゲーム実は頭使うぜ。その後、俺に向けてカエル宣言が連発だ。ほぼいじめだぜ。結局、俺がカエルをつかまされて終わりだ。10分くらいしかかからなかったぜ。
スカウトは、前半でこんだけ溜まったぜ ▲スカウトは、前半でこんだけ溜まったぜ コンプリート!! ▲コンプリート!! そして、俺は敗北 ▲そして、俺は敗北
 あぁ、なんだか面白くなさそうに書いちまったが山場がなかっただけだ。会話は物凄い盛り上がったぜ。ただ、このゲームは口数が多いやつが負けるぜ。でも本当に簡単で面白いから一度プレイしてみてくれ。 ゴキブリポーカー 簡単さ:★★★★★ 盛り上がり:★★★★☆ 戦略性:★★★☆☆ 地味さ:★★★★★★★★★★ 【過去の連載】 ・ギルガメッシュパーティーナイト