未分類

これがアキバの無双流 ガンダムVS無数のザク

 
 3月1日に満を持して登場したプレイステーション3専用ソフト「ガンダム無双」がLAOXホビーシティのPOPではガンダムVS無数のザクの文字で表現されていた。また、展示されていたガンプラも無双流になっていて手に持っているものがビームサーベルではないものとなっていた。  ホビーシティでは同じLAOX系列店のゲームシティとは違う方法でガンダム無双を推していた。ゲームシティでは『一機当千!ガンダム祭』と称して「ガンダム無双」のプロモーション映像などを流していたりしていたけど、ホビーシティでもひっそりとガンプラを使ったガンダム無双の宣伝が行われていた。   立体的なPOPでは『敵味方入り乱れて動く戦場を、単機駆けで突き進む!これぞ「無双」流のモビルスーツ戦!』というものがあり、そのうしろにはガンプラが沢山置かれていてガンダムが手にしていたものはビームサーベルではなく、三国志っぽい扇や龍の頭の形をした槌のようなものを持っていた。こんなかんじがホビーシティの無双流のようだ。また、今回ガンダム無双に参戦しているキュベレイや百式といったフィギュアも展示されていた。
これぞ無双流のモビルスーツ戦 ▲これぞ無双流のモビルスーツ戦 ガンダムが扇もってるのも無双流? ▲ガンダムが扇もってるのも無双流? 今回参戦のキュベレイや百式も無双流? ▲今回参戦のキュベレイや百式も無双流?
 店頭ではガンダム無双PS3同梱版を「プレイステーション3あんしんガンダムセット」と称して販売されていて20GB、60GBどちらも残っているようだった。謳い文句は『ガンダム無双がすぐに遊べて、さらに安心!いうことナシのオススメセットです』というもの。ガンダム無双PS3同梱版と延長保障の3点セットとして販売されていた。  店頭のPOPではガンダムの『流派!東方不敗はっっ!うおぉぉぉぉ!』というコメントに無数のザクという言葉があって、実際文字にしてみるとすぐにガンダム無双が思いつくような感じになっていた。  おもしろいことない?さんは『少し様子を見ようと思っていましたが、我慢できずに買ってしまいました。やってみると面白いっす。ちょっとザク出すぎ。これだけ数出せるのは次世代機ならではか。』とPS3の性能をほめていた。アキバでも店頭でプロモーションムービーなどを流しているところがあるけど、よく耳にするのが「敵多すぎ」で、でも言っている人たちは笑顔が多かった。
安心ガンダムセット ▲安心ガンダムセット ザクザクザクザクザクzク ▲ザクザクザクザクザクzク
キミのハートにジェットストリームアタック! ▲キミのハートにジェットストリームアタック!
【関連記事】 ・一機当千!!ガンダム祭 「ガンダム無双」満を持して登場!! (2007年3月1日) ・「ガンダム無双」PS3本体とのセット、予約受付始まる (2007年2月5日) 【リンク】 ・ガンダム無双ガンダム無双 with PS3