未分類

赤井孝美氏が再びキャラデを担当している「プリンセスメーカー5」発売

 
 GAINAXが製作する「プリンセスメーカー」の最新作「プリンセスメーカー5」が発売された。前作の「4」はキャラクターデザインを天広直人氏が担当しており、「シスタープリンセスメーカー」とも言われていたが、今作は総監督・総プロデューサーを務める赤井孝美氏が再びキャラクターデザインを担当している。
▲デモムービーを舞台は現代日本らしい ▲舞台は現代日本らしい「これらのお土産商品が並んでいるのでしょう?」 ▲「これらのお土産商品が並んでいるのでしょう?」
 前作より約1年半、育成シミュレーションゲームの先駆けとなった「プリンセスメーカー」の最新作「プリンセスメーカー5」が発売となった。今回は新たな試みがなされているようで、ファミ通.comでは『娘の状態を動きで表現するMotion of Emotion(MOE)システムの採用、シリーズ初の母親になってのプレイなど、コアなファンも納得の内容となっている』と紹介している。また、キャラクターデザインを前回の天広直人氏から、今作の総監督・総プロデューサーを務める赤井孝美氏が1作品ぶりに担当している。  「プリンセスメーカー」はWikipediaでは、『ファンタジーの世界を舞台とし、魔王から王国を救った勇者が父親となって、少女(1作目は孤児、2作目は天界の少女、3作目は妖精の女の子)を自分の娘として育て上げていくというもの』と説明しており、CYBER FRONTのページでは、『子供からお年寄り、男女を問わず「にわかパパ」を生みだした魅力は、シリーズを重ね、15年以上たっても色褪せることはありません』としている。  今回のゲームの舞台が現代の日本となっているけれど、前作のプリンセスメーカー4のトークショーが行われた当時の話によると、『このことについて赤井氏は「自分たちの方でも、舞台を現代に設定した「プリメ」を根強く作ってたりしたんですが』とあり、元々は以前から使おうとしていた設定ではあるらしい(こちらに開発していた当時?の記事や画像があり、確かに現代を舞台に設定していたみたい)。  また、ソフト単体の他、今までのプリンセスメーカーを1つにまとめた「プリンセスメーカーメモリアルボックス」も発売となっていた。プリンセスメーカー1〜5までを収録しており、その他に特典として「プリンセスメーカーファンブック」がついてくる。価格は、プリンセスメーカーメモリアルボックスのページで『価格は「プリンセスメーカー」発売当時と同じく14,800円!』としていた。
プリンセスメーカー5のパッケージ ▲プリンセスメーカー5のパッケージ前作のプリンセスメーカー4 ▲前作のシスタープリンセスメーカー4平台にはたくさんのパッケージ ▲平台にはたくさんのパッケージ
 アソビットゲームシティでは、レジ前の平台には多くのパッケージが並べられており、店内に作られたコーナーにはデモムービーが流れていた。そしてその下には「メイドイン東京」のチーズケーキや「メイドクッキー」「メイドプリン」が置かれおり、POPには『問題です!なぜこのPCコーナーにこれらのお土産商品が並んでいるのでしょう?ヒントはデモムービーの中にありますよ!』としていた(ゲーム中に出てくるメイド喫茶を指している?)。  シマシママニアック(偽)さんは、『赤井孝美氏の絵を見るとおもわず遊びたくなってしまいます。それほどプリンセスメーカー1と2は強烈だったのでしょうね』と述べており、プリンセスメーカーと言ったら赤井孝美氏のキャラクターデザインなのかも。
やはり、エンディングは父親の花嫁? ▲やはり、エンディングは父親の花嫁?
※追記 読者の方から指摘があり、赤井孝美氏の名前が「赤井秀美氏」となっておりました。 赤井孝美氏並びに関係者様には御迷惑を御掛け致しました。御詫び申し上げます。 【関連記事】 ・リリアの微笑みから18年、イース最新作「Ys ORIGIN」発売! (2006年12月21日) ・もしも北朝鮮が…戦慄のシミュレーションゲーム「現代大戦略2007」発売中 (2006年12月17日) ・イースが地に落ちた!? (2006年10月13日) 【リンク】 ・プリンセスメーカー5シマシママニアック(偽)) ・かわいい娘がやってくる!『プリンセスメーカー5』2007年3月3日に発売 (ファミ通.com) ・「なぜ天広氏が起用されたのか」! (電撃Online) ・プリンセスメーカー4 (Game@nifty) ・プリンセスメーカー5プリンセスメーカー4プリンセスメーカーメモリアルBOX (CYBER FRONT) ・プリンセスメーカーの世界 (GAINAX) ・プリンセスメーカー (Wikipedia) ・シスタープリンセスメーカー (はてなダイアリー) ・CYBER FRONTGAINAXナインライブスアソビットシティ