未分類

インターネット回線も共有する時代 参加型無線LAN「FON」

 
FONソーシャルルーター 本日、ツクモ12号店で非常にユニークな商品を発見した。「La Fonera」というこの商品は、スペインの企業が開発した無線LANを共有するためのルーターで、自分の無線LANを開放し、他者も利用できるようにするというものだ。より詳しい情報はITmediaさんが掲載しているのでこの記事を読んだ後で参照して欲しい。  この無線LAN共有サービス及びそのプロジェクトの事を「FON」と呼び、公式HPでは『世界最大のWiFiコミュニティ』として紹介されている。(WiFiとは規格化された無線LANのこと)パッケージには本体の他にCD-ROMや日本語のマニュアルなどが付属しており、本体にACアダプタと有線LANを接続して各種設定をするだけで簡単に無線LANを開放する事ができるようだ。
パッケージ ▲パッケージ ここにACアダプタとLANケーブルをさすだけ ▲ここにACアダプタとLANケーブルをさすだけ 手のひらサイズ ▲手のひらサイズ
1980円と格安 ▲1980円と格安 結構置いてあった ▲結構置いてあった
  この「FON」の参加者は「Fonero」と呼ばれ3種類に分類されている。「ライナス」と呼ばれる「自分のアクセスポイントを無償で開放し、他者のアクセスポイントを無償で利用する」人と、「ビル」と呼ばれる「自分のアクセスポイントを設置し、それを他者に有償で提供する(ただし、自分が他者のアクセスポイントを使用する際も有償)」人と、「エイリアン」と呼ばれる「自分ではアクセスポイントを設置せず、他者のアクセスポイントを有償で利用する」人の3種類である。  店員に話を聞いてみたところ「この『La Fonera』は今年の1月からツクモ限定で取り扱っている商品です。たまに法人さんが大量に買っていってしまう事があるので、いつも山積みにしてあります。」と話してくれた。
参加型無線LAN ▲参加型無線LAN La Foneraとは!? ▲La Foneraとは!? ただ今、増殖中 ▲ただ今、増殖中
 「IT都市の先駆けとして、電気街として、秋葉原全体をホットスポットにしてしまえばいいのに」と私は以前から考えていたが、この「FON」はそんな私の希望を叶えてくれるかもしれない。画像・動画・音楽…といった様々なファイルと感動の共有が流行している今日、無線LANも共有してみてはどうだろうか。
ツクモパソコン本店?では山積みだった ▲ツクモパソコン本店?では山積みだった

FON 開放、共有、そして幸せになる――「FONジャパン La Fonera」 (ITmedia) ツクモ 12号店