未分類

「0号は0円で!」縄文人が叫ぶコミックチャージお試し版

 
 『働く男を充電する!』と謳われているコミックチャージのお試し版がゲーマーズ本店5Fコミックフロアに置かれていた。2007年3月20日に創刊される角川書店の新しい隔週誌で、置かれていたお試し版は収録されている漫画の一コマを使って『誠に恐縮ですが、0号は0円で』とされていた。
「やる気」「勇気」「好奇心」 ▲「やる気」「勇気」「好奇心」
 『読むと、やる気が出る。勇気が湧く。好奇心が満たされる。』というキャッチコピーが表紙に書かれているコミックチャージは毎月第1・3火曜日に発売される隔週誌で、ゲーマーズ本店5Fに見本誌であるお試し版が0円で置かれていた。コミックチャージのタイトルの字体は週間少年ジャンプなどに近いものがある。  裏表紙では創刊号特別付録として「角川映画スペシャルDVD」があるとされていた。角川映画30周年記念に作られたもので93作品、180分が収録されているもの。主な作品としては「セーラー服と機関銃」や「よみがえる金狼」「時をかける少女」、「リング」「らせん」などのホラーや「スレイヤーズ」、「超劇場版ケロロ軍曹」などのアニメもあるようだ。
3月20日創刊! ▲3月20日創刊! 30周年記念DVD93作品180分 ▲30周年記念DVD93作品180分 セーラー服と機関銃や時をかける少女など ▲セーラー服と機関銃や時をかける少女など
 お試し版が入れられていたケースにはコミックチャージに収録されている『もしも会社のCEOが縄文人だったら――?』というキャッチコピーで描かれる『ジョーモンCEO』の一こまを使って『誠に恐縮ですが、0号は0円で』『0号は0円で。取り急ぎ』『じゃ、0号は0円ということで』などとコラージュされていた。  公式ページの連載作品の中には入っていないけど、日記 IIさんでは『〜あの衝撃作がコミックチャージに電撃移籍!「多重人格探偵サイコ」舞台をコミックチャージに移して本格始動!待望の完全完結編、鋭意執筆中!〜なんて載ってました。創刊号から載るのかな?』とされていた。  お試し版の最後のページには『人気作家、実力派作家もチャージに参戦』とかかれていてリストの中には貞本義行氏や、江口寿史氏などが上げられている。貞本義行氏は創刊号で「アルカイック スマイル」という漫画を描くようで作品紹介では『一大ブームを巻き起こし、高い人気を誇る『新世紀エヴァンゲリオン』の貞本義行が、ついに青年誌に登場! 「コミックチャージ」だけで読むことのできる待望の新作!』とされていた。
誠に恐縮ですが、0号は0円で ▲誠に恐縮ですが、0号は0円で 0号は0円で。取り急ぎ。 ▲0号は0円で。取り急ぎ。 じゃ、0号は0円ということで ▲じゃ、0号は0円ということで

コミックチャージ 角川書店 チャージ。 ((仮)日記 II) 「オレは多分売れると思う」3月20日に創刊となるコミックチャージの告知 (オタロードBlog)