未分類

リボルテック第11弾「No.022 零式」「No.023 ダンガイオー」発売

 
リボルテック第11弾 毎月15日に発売されている海洋堂リボルテックシリーズの第11弾が発売された。海洋堂ミュージアムストアによると『11弾は『機動警察パトレイバー』より「零式」と、オリジナルビデオアニメ『破邪大星ダンガイオー』より主役メカ「ダンガイオー」が登場。どことなくスマートな印象のメカが2体揃いました。』と書かれている。  「零式」とは、Wikipediaによると『アニメ『機動警察パトレイバー』に登場する架空のロボット。篠原重工八王子工場製造、警視庁警備部特科車両二課に納入が予定されていた純警察用試作レイバーである。(形式番号:AV-X0)劇場版1に登場。』とのこと。  「No.022 零式」は、海洋堂ミュージアムストアによると『「機動警察パトレイバー」より、イングラムの後継機、ZEROこと「零式」がリボルテックに登場!!シャープなフォルムに豊富なオプション類を装備。オープン状態の頭部や、抜き手を再現するための伸長パーツも付属。オリジナル可動の導入により、劇中のアクションも再現可能です!!』と書かれている。
パッケージ表 ▲パッケージ表 パッケージ裏 ▲パッケージ裏 パッケージ横 ▲パッケージ横
抜き手も再現 ▲抜き手も再現 「何となく悪役っぽい」 ▲「何となく悪役っぽい」 レイバー3体 ▲レイバー3体
 「ダンガイオー」とは、Wikipediaによると『宇宙海賊バンカーを率いる大船長ガリモスが、ターサン博士に作らせたスーパーロボット。 4機の戦闘機(ダン・メカニック)が合体して巨大ロボット・ダンガイオーとなる。ダン・メカニックのパイロットは誘拐されて過去を抹消されたうえ生体改造された超能力者で、彼らの能力の大小が直接的にダンガイオーのパワーに影響する。』とのこと。  「No.023 ダンガイオー」は、海洋堂ミュージアムストアによると『かつて人気を博したOVAシリーズより、まさかの登場「弾劾凰」!!リボルテックでは、大畑&大張デザインの味を残しつつ、トイアクション重視のスタイルで作成されています。その他、オプションハンドや剣など、細部のカラーリングにもご注目下さい。新造型のディスプレイベースの用途にも乞うご期待!』とのこと。
パッケージ表 ▲パッケージ表 パッケージ裏 ▲パッケージ裏 パッケージ横 ▲パッケージ横
キャラシティ展示 ▲キャラシティ展示 スパイラル・ナックル! ▲スパイラル・ナックル! サイキックウェイブ! ▲サイキックウェイブ!
「No.022 零式」「No.021 ダンガイオー」共通 原型師名:山口勝久 スケール:ノンスケール 素材/成型:PVC/ABS キットタイプ:アクションフィギュア・完成品 価格:1,995円(税込)
ガイキング ▲ガイキング 炎の巨人 ▲炎の巨人 真龍ハイドロブレイザー! ▲真龍ハイドロブレイザー!
メガトロン ▲メガトロン 破壊大帝 ▲破壊大帝 「おのれ、コンボイ!!」 ▲「おのれ、コンボイ!!」
 来月15日に発売される第12弾には「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」より「メガトロン」と「ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU」より「ガイキング」が登場する。
キャラシティ店頭に大盛り ▲キャラシティ店頭に大盛り

「黒の2月」リボルテック第10弾「No.020 グリフォン」「No.021 GR-2」発売 (2007年2月17日)
海洋堂 リボルテックシリーズ 機動警察パトレイバー (Wikipedia) 破邪大星ダンガイオー (Wikipedia) ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU (Wikipedia) 戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー (Wikipedia)