未分類

ぼくのぴこ第2弾「ぴことちこ」ホビーシティでは「……こだち!」

 
 3月11日にはホワイトデーイベントも行われた世界初のオリジナルショタエロアニメーション「ぼくのぴこ」の第2弾「ぴことちこ」の予約受付がアソビットシティで行われていた。ホビーシティでは『ぴことちこのご堪能BOX』『予約受付中』としていたが、別のPOPには『ぴこ ち●こだち!』と書かれていた。
ゲームシティでも予約受付中 ▲ゲームシティでも予約受付中初回限定版は「ぴことちこのご堪能BOX」で2人のフィギュア付き ▲初回限定版は「ぴことちこのご堪能BOX」で2人のフィギュア付きホビーシティは地下への階段の途中に告知 ▲ホビーシティは地下への階段の途中に告知
 世界初のオリジナルショタエロアニメーションとして昨年9月に発売された「ぼくのぴこ」は、Galge.comによると『キャラクターデザイン・よし天、監督・谷田部勝義、脚本・高山カツヒコ、キャラ原案・彩画堂、総指揮・とっちん、プロデュース・GOLDENBOYといった豪華スタッフによって制作される』と紹介していた。  アソビットで予約を受け付けていたのは、第2弾の「ぴことちこ」で、当初は発売が昨年の12月だったが3月22日に変更となり、現在は4月19日にとなっている。ゲームシティでは店内に発売告知のチラシを貼りだして予約を受け付けていた。  ホビーシティでも予約を受け付けていたが、地下へ通じる階段の途中にPOPを貼り予約受付の告知をしており、『ぴことちこのご堪能BOX』『2007.4.19 On Sale』『予約受付中』と書かれたPOPがあったが、横のPOPには『ぴこ ち●こだち! ちこ ぴ●こだち!!』と書かれていた。
ぴことちこのご堪能BOX 2007.4.19 On Sale 予約受付中 ▲ぴことちこのご堪能BOX 2007.4.19 On Sale 予約受付中
 Wikipediaでは、ぴこの名前の由来として『名前の由来は幼い男の子の勃起する形容から』とあり、ちこの名前の由来として『名前の由来は男性器の幼児語「ちんこ」、および男児の性器は包茎であることからの連想による「恥垢」から』とあり、まさしくそれをそのまま表しているPOPだと思うが、もう少し上品なPOPにして欲しかったというのはわがままだろうか。
ぴこWEB ぴことちこのWEBラジオ「あおぞら通信」 (Galge.com) ぴこ専属広報・目指せ!オフィシャル公認ブログ ショタ向けアニメ「ぴことちこ」は女装メイドシーンもある (にゅーあきばどっとこむ) ぼくのぴこ (Wikipedia) 「ぴことちこのホワイトデーイベント」 −本日駅前で配っていたすごいもの秋葉原マップアソビットシティ