未分類

ひと味違うかけ声のエリザベス神輿、アソビット地下でかなまら祭を紹介

 
男女のアレの形をした飴 アソビットゲームシティの地下で『実写やエロゲだけではなく、たまには文化にも触れてみませんか?』として『4月1日(日)奇祭のひとつ「かなまら祭」』を紹介していた。そこには、祭りを説明している英語と日本語の案内と、なんとも言えない形をした飴や、ピンク色のエリザベス神輿の写真等が展示されていた。
江戸時代に端を発する由緒ある祭り、かなまら祭 ▲江戸時代に端を発する由緒ある祭り、かなまら祭祭りを説明している案内、英語で書かれたのもある ▲祭りを説明している案内、英語で書かれたのもある下の写真に写っているのがエリザベス神輿 ▲下の写真に写っているのがエリザベス神輿
 かなまら祭とは、神奈川県川崎市川崎区にある若宮八幡宮で毎年4月の第1日曜日に行われる祭事で、Wikipediaによると『金山比古神(かなやまひこのかみ)ならびに金山比売神(かなやまひめのかみ)の二柱、別名かなまら様を御祭神として祀る。男根を御神体とし、子孫繁栄・夫婦和合・性病除けなどを願う』とある。  また、『エイズ除けの祭として国際的に知られるようになり、多数の観光客が訪れるようになった』とも説明しており、『日本国外でも「歌麿フェスティバル」あるいは「Iron Penis Festival」として知られており、多数の観光客が訪れる』とのこと。  アソビットゲームシティの地下のアダルトフロアでは、コーナーを設け今年行われたかなまら祭について紹介をしていた。POPには『実写やエロゲだけではなく、たまには文化にも触れてみませんか?』『江戸時代に端を発する、由緒ある祭りです!』として祭りを紹介していた。  さらに『神輿は3種あり、中でもエリザベス神輿のかけ声はひと味違いました』として、『威勢の良い「でっかいまら!でっかいまら!」かけ声の下でぐいぐい進んでいきます。周りの人たちの注目度が一番高い神輿でした』とレポートをしていた。  今年のかなまら祭に行かれた、ツキノツバサさんは、『あんなピンクなモノを警備する人たちも、いろいろとあれだよなー。とか。外人さんのいやに発音のよい「penis!」の言葉にいちいち反応したり』と感想を伝えており、今年のかなまら祭の様子を写真と共に紹介していた。
国際的にも有名なかなまら祭。その為か英語の案内もあったようだ ▲国際的にも有名なかなまら祭。その為か英語の案内もあったようだ

帰ってきた吉野家牛丼祭! (2006年11月1日) ゲーマーズに文化祭のポスターが! (2006年10月30日) 吉野家牛丼祭始まる (2006年10月1日)
かなまら祭りに行ってきました 2007ツキノツバサかなまら祭(若宮八幡宮) (Wikipedia) Kanamara Matsuri (英語版Wikipedia) 若宮八幡宮(川崎) アソビットシティ