未分類

ソフ「すごくバ○ターマシンです」パトベセルの特典テレカのイラストが公開

 
 DAIのゲーマーズルームさんが『ナデシコ&パトレイバーのパロってレベルじゃねぇぞ!』と伝えている、May-BeSOFTの最新作「遊撃警艦パトベセル〜こちら首都圏上空青空署〜」のソフマップ特典テレカのイラストが公開されていた。そこにはテレカの絵柄を見たコメントがあり『すごくバ○ターマシンです』としていた。
▲「署長…すごくバ○ターマシンです」 「ジェクトはますますパト○イバーです…」
 美少女ゲームブランドMay-BeSOFTの最新作「遊撃警艦パトベセル〜こちら首都圏上空青空署〜」のソフマップでの特典描き下ろしテレカのイラストが完成したようで絵柄が公開されていた。それによると『ところでこのテレカの絵柄を見てくれ、こいつをどう思う?』『署長…すごくバ○ターマシンです』としていた。  「遊撃警艦パトベセル〜こちら首都圏上空青空署〜」は、May-BeSOFTが4月20日に発売を予定している美少女ゲームで、Game-Styleでは『巨大戦艦を舞台に、個性的な美少女たちとの共同生活を描いた一風変わったAVG』としている。また、にゅーあきばどっとこむでは『サイトには「事件っていうレベルじゃねーぞ!」と、ニュースで有名になったセリフが書かれているだけではなく、ゲーム中にも「キャベツ」を切っているシーンがあるもよう』と紹介をしている。  ソフマップでは、プロジェクターを使用しての大掛かりな展開をしており、プロジェクタのスクリーンの下には大きく『担<かなりイキオイでコーナー化した。反省は…上司にしてもらおう…』と書いてあり、その下に手書きで小さく『人 それを「丸投げ」と言う…』と付け加えられていた。  体験版をプレイしたDAIのゲーマーズルームさんは、『ナデシコ&パトレイバーのパロってレベルじゃねぇぞ!』と伝えており、『とにかくネタだらけ。でも画面演出などはかなり凝ってるし、とても本気で創ったバカゲーなのが分かる(w』と感想を述べており、AniLustさんは、『しかも、怪盗ロールを追い掛け回すシーンではジョジョネタをはじめガンダムやMUSASHIなど、古今東西のネタを存分に活用させていただいております』と伝えており、『バカゲーが心から大好きな人は迷わず購入候補に上げるべし』としていた。
「かなりイキオイでコーナー化した。反省は…」 ▲「かなりイキオイでコーナー化した。反省は…」「それを丸投げと言う…」 ▲「それを丸投げと言う…」上B「俺はしらねーぞ…」 ▲上B「俺はしらねーぞ…」
「どっかで見たよーな町並み、どっかで聞いたよーなネタ」 ▲「どっかで見たよーな町並み、どっかで聞いたよーなネタ」「どー見てもキャベツです」 ▲「どー見てもキャベツです」「オマージュですインスパイアですさもなきゃフィクションです」 ▲「オマージュですインスパイアですさもなきゃフィクションです」
「事件はお店で起きてるのよ!」 ▲「事件はお店で起きてるのよ!」「お客様の皆さーん、パトベセルですよアソビット「ただの一般人には興味ありません! ▲アソビット「ただの一般人には興味ありません!ソフマップ本店のポスター ▲ソフマップ本店のポスター

はわわ軍師、再びはわわ ソフマップの萌札用テレカの交換始まる (2007年4月7日) 「靴下脱いだだけなのに」ソフマップ4号店、D.C.IISC特典テレカに一言 (2007年3月18日) ヤマギワソフト「ましろぼたん」特典テレカ よく見たら足の裏を見せていた (2007年3月17日) 「セ‥セクハラですぅ」ソフマップがチラリズム特典テレカ (2007年3月10日)
ナデシコ&パトレイバーのパロってレベルじゃねぇぞ!DAIのゲーマーズルーム『遊撃警艦パトベセル〜こちら首都圏上空青空署〜』体験版プレイレポートAniLust遊撃警艦パトベセル 〜こちら首都圏上空青空署〜 (Game-Style特集ページ) あのキャベツまで出る!? パロディ満載の新作エロゲが出た! (にゅーあきばどっとこむ) 遊撃警艦パトベセル〜こちら首都圏上空青空署〜 May-BeSOFT ソフマップ アソビットシティ こち亀.com 機動戦艦ナデシコ (すたちゃまにあ) 機動警察パトレイバー (W X III PATLABOR THE MOVIE3) キャベツとは (はてなダイアリー) 物売るっていうレベルじゃねぇぞとは (はてなダイアリー) うたわれるものらじお 踊る大捜査線 (Wikipedia) 涼宮ハルヒの憂鬱 特設ファンサイト トップをねらえ2!バスターマシン7号魂ウェブトップをねらえ2! ギャラクシーエンジェる〜ん ちょっと通りますよのガイドライン 薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」 「恋のマイアヒ」の“のまネコ”はモナーにインスパイア〜エイベックス (INTERNET Watch) 和田氏の芸術選奨受賞を取り消す (ウィキニュース)