未分類

「がんばれば、作れるの?」XSI FoundationV6.0発売ポスターにアイマス

 
 ヤマギワソフトでは、TVゲームや美少女ゲームの他にMicrosoft Officeや一太郎のようなアプリケーションのPCソフトも取り扱っている。その中で3DCGツールの一つである「XSI Foundation」のソフトについて、ヤマギワソフトでは『がんばれば、作れるの?』として、アイマスやバーチャファイターを挙げていた。  ヤマギワソフトの5階では、TVゲーム、PCゲームの他にアキバでは取り扱い店舗が少ないMicrosoft Officeや一太郎のようなアプリケーションソフトも販売している。その中で3DCGを作成するツール「XSI Foundation」の最新バージョンが先日発売され、ヤマギワソフトではエスカレーター横の壁に大きく発売の告知を貼り出していた。  「XSI Foundation」は、アビッドテクノロジーが販売する3DCG作成ソフトで、公式サイトによるユーザ事例では、このアプリケーションを使用して制作された作品が挙げられており、ナムコのアイドルマスターや、セガのバーチャファイターV、コーエーの真・三國無双BB等の名前がある。
アイドルマスター、がんばれば作れるの? ▲アイドルマスター、がんばれば作れるの?SEGAのバーチャファイターV ▲SEGAのバーチャファイターVCAPCOMのロストプラネット ▲CAPCOMのロストプラネット
 サイトではアイドルマスターを製作したバンダイナムコゲームスに取材を行った記事が掲載されており、スタッフの佐々木氏と矢口氏がインタビューに答えている。その中で、XSI Foundationを使用した理由として『アイドルマスターにはトータルで125分のダンスアニメーションが付けられています。それぞれがフルフレームで2分強のアニメーションというものです』『長い尺のアニメーションを作るのにはXSIが最適だという判断をかなり初期の段階で行いました』と答えており、ダンスアニメーションのFlashが掲載されていた。  また、アイドルマスターでは1000以上のモーションを作成しているということで、データの管理をどのように行っているかの質問に対しては『バンダイナムコではAlienbrainを導入していますのでバージョン管理はAlienbrainを通じて行います』『データの視認性と管理面でネットビューを使用しています』としており、その管理画面の一部の画像が掲載されていた。
CAPCOMのロストプラネット ▲学生応援!プロになれるヤマギワソフトおすすめ3D制作ソフト!!
 このような高価なアプリケーションソフトについては、促販のための展開は行われているところをあまり見かけないが、ヤマギワソフトでは名前をよく知っているゲームを引き合いに出して紹介しているのはとても面白い。これを見て興味を持った方がいたならば、サイトを覗いて見てるのもいいかもしれない。
アイマス唯一の攻略本 「アイドルマスター プレシャスアルバム」 IDOLM@STER アニメ化で「あんま同じ顔ばっかだとそろそろ帰っちゃうよ」
ユーザーストーリー 『アイドルマスター』 ユーザ事例 XSI Foundation V6.0 SOFTIMAGE japan アビットテクノロジー ヤマギワソフト