未分類

ドラマCD付のコミックヴァルキリーは全年齢対象だから中高生も買えちゃうゾ

 
 『18禁ではないからこそ表現できるドキドキがある!』というキャッチコピーが掲げられている隔月刊誌「コミックヴァルキリー」の2007年5月号では特別付録としてローズ×マリーのドラマCDがあるが、ゲーマーズ本店で『コミックヴァルキリーは全年齢対応だから中高生のキミも買えちゃうゾ!』と紹介していた。
闘うヒロイン!コミックヴァルキリー ▲闘うヒロイン!コミックヴァルキリー
 コミックヴァルキリーはWikipediaでは『雑誌のコンセプトは「戦うヒロインオンリー漫画雑誌」もうひとつのコンセプトを「エロピンチオンリーマガジン」』とされ、「ヒロインが殴られる、衣服が破れる」といった、ソフトエッチシーンをメインに置く漫画を集めた雑誌とされていた。  2007年3月27日に発売された隔月刊誌「コミックヴァルキリー」の2007年5月号には、特別付録に表紙にもなっているローズ×マリーのドラマCDがあり、浦瀬しおじ氏が描いている「美少女姉妹ハンターと吸血鬼がくり広げる美少女姉妹ガンアクション・ストーリー」と作品紹介されているもので、CVをローズ役に川澄綾子さん、マリー役に能登麻美子さん、吸血鬼には田村ゆかりさんが演じている。  以前田村ゆかりさんのベストアルバム「Sincerely Dears…」をゲーマーズが宇宙一販売したということをお伝えしたときに、棚の平台一面にコミックヴァルキリーが置かれていた事もあった。  ゲーマーズでは『コミックヴァルキリーは全年齢対応だから「ゆかりんが出てるのに…」とドラマCDを買いたかったキミ達も買えちゃうゾ!』と紹介されていて、成年向けではなく中高生の為にある雑誌だといしていた。もちろん大人の方もオススメ。  ドラマCDを視聴したDesire for wealthさんは『なんかヴァンパイヤ@ゆかり姫一人が迫真の演技。ローズ@川澄綾子とマリー@能登麻美子を完全に食ってます。ゆかり姫、やられ役うまいわぁ。いやいやこれで 550 円ってんだから買って損はないですわな。』と満足げの様子だった。
大人の方もオヌヌメ ▲大人の方もオヌヌメ この価格でドラマCD付だ! ▲この価格でドラマCD付だ! 特別付録ドラマCD ▲特別付録ドラマCD

ゆかりんのベストアルバム販売数は宇宙一ィィィ
コミックヴァルキリー 浦瀬しおじ コミックヴァルキリー (Wikipedia) 川澄綾子 (Wikipedia) 能登麻美子 (Wikipedia) 田村ゆかり (Wikipedia) 闘うヒロインオンリー漫画雑誌とやらを初めて買ってみた (Desire for wealth)