未分類

ザ・スニーカー6月号「涼宮ハルヒ」初の画集が特別付録

 
 ザ・スニーカーの店頭で電撃姫やコンプセレクションズと一緒にザ・スニーカーが並べられていた。そこには手書きによるPOPが貼られており『付録はやはりタダモノではなかった』として、今回のザ・スニーカーの付録「涼宮ハルヒの画集」と「涼宮ハルヒの驚愕ブックカバー」を紹介していた。
ゲーマーズの店頭でザ・スニーカーを説明 ▲ゲーマーズの店頭でザ・スニーカーを説明「タダモノではなかった!!」とする付録を紹介 ▲「タダモノではなかった!!」とする付録を紹介「買ってからみなさい!」とはSOS団長の談 ▲「買ってからみなさい!」とはSOS団長の談
 ゲーマーズの入口にすぐにある平台でザ・スニーカーが並べられており、手書きのPOPによると『「ただの人間には興味がありません」が、口ぐせのキャラが出てくる作品の付録はやはりタダモノではなかった!!』として、付録である「涼宮ハルヒの画集」と「涼宮ハルヒの驚愕ブックカバー」を紹介していた。  「ザ・スニーカー」は角川書店が発行するライトノベルの小説誌(はてなダイアリー)で偶数月の30日に発売される。今回は4月30日に6月号が発売されており、「レンタルマギカ」や「ムシウタ」等が特集されている。  また、特別付録として別冊で「涼宮ハルヒの画集」と、綴じ込みで6月に発売される「涼宮ハルヒの驚愕」専用描き下ろしかけ替え文庫カバーの2つが付いてきている。ゲーマーズのPOPでは、『やはりタダモノではなかった!!』として付録を紹介しており、『「涼宮ハルヒの驚愕」で驚愕させられるのは俺達だった!』とも付け加えていた。
ゲーマーズ6Fでもザ・スニーカーを販売 ▲ゲーマーズ6Fでもザ・スニーカーを販売画集が見られるようになっていたレジ前のザ・スニーカー ▲画集が見られるようになっていたレジ前のザ・スニーカー最初は涼宮ハルヒ ▲最初は涼宮ハルヒ
 ゲーマーズの6Fでもザ・スニーカーを販売しており、レジ前の平台には涼宮ハルヒが表紙の「オトナアニメVol.1」と一緒にザ・スニーカーが並べられ『今月のザ・スニーカーには涼宮ハルヒの画集が付いてきます!!』としており、『レジ前にサンプル展開中』として自由に閲覧できる様になっていた。
ザ・スニーカーに掲載されたイラスト ▲ザ・スニーカーに掲載されたイラストブルマ姿の長門有希 ▲ブルマ姿の長門有希ザ・スニーカーの特集ページにはチビハルヒのイラスト ▲ザ・スニーカーの特集ページにはチビハルヒのイラスト
アソビットゲームシティ5F、全力で見逃す人がPOPに ▲アソビットゲームシティ5F、全力で見逃す人がPOPに今度は「見逃すな!!」と叫んでいる ▲今度は「見逃すな!!」と叫んでいるアソビットの書籍グッズランキングでは「分裂」が第3位に ▲アソビットの書籍グッズランキングでは「分裂」が第3位に
 アソビットゲームシティ5F書籍フロアでもザ・スニーカーは販売されており、ここでは全力で見逃す人を使用したPOPで『今月のスニーカーは全力で見逃すな!!』『付録ってレベルじゃねぇぞ!』としていた。  ザ・スニーカーを購入した☆長門有希ファンの図書館☆さんは『長門さんが体操着で鉄棒やってるイラストのためだけでも720円ぐらい余裕で払いますよええ』と述べていた。  また、KOSUMIKKU Missileさんは、長門のブルマ体操着姿のイラストを見て『きゃー長門さんがエロス』と述べており、飴玉ころころさんも、同じイラストの感想として『可愛いさぁ〜。体育着ってやばいな!!』と述べており、長門のブルマ体操着姿に人気が集中しているようだ。
イラストの説明によると、長門がメガネをしている期間は2ヶ月弱しかなかったとか ▲イラストの説明によると、長門がメガネをしている期間は2ヶ月弱しかなかったとか

No.1を決めるのはキミだ!! ライトノベルアワード2007開催中 今月のNovelJAPAN、特別付録に「透ける!クイーンズブレイド下敷き」 「涼宮ハルヒの分裂」発売、開店から購入していく人多数 「涼宮ハルヒの分裂」3月31日発売で立て看板が設置されていた
ザ・スニーカー6月号☆長門有希ファンの図書館☆管理人の出来事KOSUMIKKU Missile団長と宇宙人飴玉ころころザ・スニーカーとは (はてなダイアリー) 涼宮ハルヒの憂鬱 公式サイト 涼宮ハルヒの憂鬱特設サイト 涼宮ハルヒの憂鬱 (京アニ) 涼宮ハルヒの憂鬱 (ムービック特設ページ) 角川スニーカー文庫 ザ・スニーカー web KADOKAWA ゲーマーズ アソビットシティ オトナアニメ