未分類

「ウィンド」か「おでん」か 大作RPG2タイトル同時発売

 
 SEGAから発売されたシャイニング・ウィンドと、アトラスから発売されたオーディンスフィアが、ソフマップ本店店頭で各種タイトルで比較がされていた。比較されていたのは「私がお姫様」や「小さいけど足だします!」といったものや「銀髪剣士は俺だ!」などのそれぞれのキャラクターについてのものなど。  ソフマップ本店のソフト紹介ではシャイニングウィンドは『簡単に言うと、いろんな女の子をとっかえひっかえして、女の子の胸に手をかざして、何かを出し、また、心のスキマに入り込み、暴れるゲーム!』で、対してオーディンスフィアは『5つの災厄と世界の終焉を描く物語。個人的に2007年の5本指にはいる作品と予想!』と紹介されている。
シャイニング・ウィンド ▲シャイニング・ウィンド ウィンドのここがすごい ▲ウィンドのここがすごい
オーディンスフィア ▲オーディンスフィア おでんのここがすごい ▲おでんのここがすごい
大作RPG2タイトル同時発売『「どっちをえらぶ?」じゃない!両方買うんだ!』 ▲大作RPG2タイトル同時発売『「どっちをえらぶ?」じゃない!両方買うんだ!』
 店頭では様々なタイトルをシャイニング・ウィンドとオーディンスフィアのキャラクターで比較し、「私がお姫様!」や「キリっとした目がイイ!」などで比較されていた。  「私がお姫様!」対決ではシャイニング・ウィンドのクララクラン、オーディンスフィアのグウェンドリンを比較し、『どちらもお姫様で装備で盾もちで、名前が「クワァー」って感じで似ている2人。しかし、乳姫とよばれる(一部で)クララの破壊力(?)は抜群!グウェ様の槍も通らない!』とし、シャイニング・ウィンドのクララクランが勝っていた様子。他のPOPではクララクランのみを取り上げ、『清楚なお姫様だが!見た目とギャップはあるが、それがいいんだぜ!』などが書かれていた。  また、「小さいけど足出します!」対決はシャイニング・ウィンドのホウメイ、オーディンスフィアのメルセデスを取り上げ、『共にミニっ娘でありながら、がんばってその足を露出させている。ホウメイは「娘」と読んでいいか微妙だが、付け根までギリギリなのと、その足に秘密がある様なので分がある』とされていた。
呪いがキツイ!対決 ▲呪いがキツイ!対決 私がお姫様!対決 ▲私がお姫様!対決 銀髪剣士は俺だ!対決 ▲銀髪剣士は俺だ!対決(.hack//GUがない)
小さいけど足出します!対決 ▲小さいけど足出します!対決 キリっとした目がイイ!対決 ▲キリっとした目がイイ!対決 クララクラン:乳姫降臨 ▲クララクラン:乳姫降臨
 発売していたのはソフマップ本店やLAOXアソビットゲームシティ、ヤマギワソフトなどで、ゲーマーズ本店では取材に行ったときにはシャイニング・ウィンドは既に品切れ状態だった。ゲームシティはモニターを2台ならべ、それぞれでシャイニング・ウィンドとオーディンスフィアのデモを再生されていた。  また、秋葉原GIGOで「シャイニング・ウィンド」発売記念イベントもあり、購入したレシートを持っていくと、キャラクターデザインをしたTony氏直筆キャラクターサイン色紙や、出演声優寄せ書きサイン色紙などがもらえる抽選会も行われていた。
ソフマップ本店 手前におでん奥にウィンド ▲ソフマップ本店 手前におでん奥にウィンド ヤマギワソフト ウィンド棚 ▲ヤマギワソフト ウィンド棚 ヤマギワソフト おでん棚 ▲ヤマギワソフト おでん棚
ゲーマーズ本店 おでん棚 ▲ゲーマーズ本店 おでん棚 ゲーマーズ本店 ウィンド棚(品切れしていた) ▲ゲーマーズ本店 ウィンド棚(品切れしていた) アソビットゲームシティ 左がおでん右がウィンド ▲アソビットゲームシティ 左がおでん右がウィンド

シャイニング・ウィンド 生足や足裏に掛ける強い心の具現化?「生 足 剣」 良い足揃ってます 「シャイニング・ウィンド」オリジナル予約特典情報 .hack//G.U.Vol.3とシャイニングフォースイクサ発売!ソフマップは推し! このキャスト…狙いました?「シャイニング・フォース イクサ」発売間近
SEGA シャイニング・ウィンド アトラス オーディンスフィア