未分類

第27回maroのアキバ食べ歩き日記帖 寿司栄本店

 
 食べ歩き27回目は、入り口がいかにも和食ですと言わんばかりに暖簾がかけられている寿司栄本店さんです(マップ)。入り口は曇りガラスの引き戸でなかがうっすら見えるか見えないかくらいの見た目です。食べ歩きでおすし屋さんは3件目、回らないのであれば2件目になります。  店頭はガラス張りで、握り寿司のサンプルが展示してあったりします。他にも鉄火丼などの丼もあるみたいです。店頭にあるメニューには”にぎり”や”ちらし”のほかに、巻物も各種かかれていました。  また、店内のメニューでも握りのメニューがあって、大とろ、中トロのほか、いなだ、かんぱち、たい、ひらめ、しゃこ、さよりなんかも書かれていました。  対面にLAOXザ・コンピュータ館があり、そこの地下にもおすし屋さん(すし処 鮨与志)があり、ライバル店の多い場所です。  店内はカウンターが多く、10席以上、4人席の卓も4〜5ほどありました。カウンターの目の前には新鮮そうな魚介が陳列されていてかなり興味が引かれます。また、寿司栄はチェーン店で、神田や赤坂にもお店を出しているそうです。店内にはそういった看板などもありました。
店頭サンプル ▲店頭サンプル 店頭メニュー 一人半は大盛りみたいなかんじ ▲店頭メニュー 一人半は大盛りみたいなかんじ にぎりのメニュー ▲にぎりのメニュー
店内 入り口か ▲店内 入り口から カウンター たこやうになども ▲カウンター たこやうになども すし栄本店から他店まで ▲すし栄本店から他店まで
 今回頼んだものはオーソドックスな”にぎり”の並で、一人半にしました。少しお腹がすいていたのと、お寿司なのであまり量は無いかなとおもってのことでしたが、量を食べたいなら丼のほうがよかったかもしれません。
接客:★★★☆☆ 料理: ★★★★☆ 雰囲気:★★★★★ コスト: ★★★★☆ 総評: ★★★★☆
 ”にぎり”の並の一人半は赤身が1貫半、いか、たい、えび、あじ、たまごが半貫ずつ、かっぱ巻きが3貫、かんぴょう巻きが1貫ほどとなっていました。また、お吸い物もあり、あがり(お茶)ももちろん出てきます。  たまごは各店特徴が出るところなのでおさえておくと、ふんわりした感じはなくしっとりとしていて中身の詰まった卵焼きになっています。焼き色もちょうどいい感じでそそりますね。また、赤身はしっとりとして脂がそんなになくあっさりとした舌触りでした。シャリも酢の匂いがほのかに香り、程よく冷まされた酢飯で食べるとパラパラとほどけて行きました。
にぎり 並 一人半 ▲にぎり 並 一人半