未分類

第31回maroのアキバ食べ歩き日記帖 天ぷら 三幸

 
 食べ歩き31回目は、おでん缶の自動販売機がある通りでやっている「天ぷら 三幸」です(マップ)。今までやってなかったのはたまたまです、たぶん…。入り口が怖かったからではないですヨ。ちゃんと中を確認すればやっていることくらいわかるのにね…。となりはタバコやで、店内ではつながっています。  お店の前には「天婦羅」とかかれている赤いノボリが立っています。また、「天ぷら 三幸」とかかれた暖簾も年季が入っている感じです。暖簾の左にはメニューが掛かっていました。といっても3つだけで、「天婦羅盛り合わせ定食」「天婦羅盛り合わせ天丼」「刺盛り合わせ定食」。ランチメニューみたいです。  店内はいってすぐのところで、隣のタバコやとつながっていることに気がつきました。店内は木目調の和風家屋といった造りになっていました。カウンター席が7つとテーブルが2卓で4席ずつでした。カウンターの木がスベスベでした。
年季の入った暖簾 ▲年季の入った暖簾 定食メニュー ▲定食メニュー 店内メニュー 主に一品物 ▲店内メニュー 主に一品物
 店内にもメニューが掲げてあって、こちらは定食ではなく一品物などでオツマミみたいです。「しまあじ刺」や「あおりいか刺」の刺身系や「そら豆」「いかアスパラいため」などのおつまみやなんかがありました。「くじら」料理もあるみたいです。  今回頼んだものは天婦羅盛り合わせ定食でした。注文してからお茶が運ばれて、天ツユも先におかれました。まってる間に気づいたことなんですが、割り箸のケースに天婦羅の文字のほかにうなぎもあるみたいでした。多分時期によって出されるんだと思います。
店内 柱の傷が時間を感じさせます ▲店内 柱の傷が時間を感じさせます 割り箸にはうなぎの文字も ▲割り箸にはうなぎの文字も 天婦羅盛り合わせ定食 ▲天婦羅盛り合わせ定食
 天婦羅はカウンターから見えるところで揚げ始めました。ジュワーといういい音が店内に響くのが素敵です。揚がった天婦羅が運ばれ、ごはん、味噌汁、御新香も運ばれてきました。天婦羅はピーマン、ナス、イカ、えびと白身魚2種類でした。さすがになにかは解かりませんでした。  天婦羅のころもは薄く、でもサクサクな食感でした。中身はフワフワでピーマンでさえとろけるかとおもいました(笑)天ツユは味がそんなに濃くなく、素材の味が生きるくらいでした。えびやイカは肉厚でぷりぷりしてたけどスルッと噛み切ることも出来ました。  店内には外でやっている工事の音が響いていたので、今の時期は期にならなければ問題ないと思います。夜はお酒も出るので天婦羅をつまみにという方は是非いってみてはどうでしょう。
接客:★★★★☆ 料理: ★★★★★ 雰囲気:★★★★☆ コスト: ★★★☆☆ 総評: ★★★★☆
サクサクの天婦羅 中はふわっと仕上がり ▲サクサクの天婦羅 中はふわっと仕上がり