未分類

第33回maroのアキバ食べ歩き日記帖 あきば食堂

 
 食べ歩き33回目は、路地裏の更に小道の入り組んだ場所にあるあきば食堂です。(マップ)中央通り側からいくよりも昌平橋通り側から向かったほうがわかりやすそうですが、どちらにしろわかりにくいのと、店頭も見た目は寂れた食堂なので気づかないこともあるかも。開店しているときは定食の看板が出てます。  細い小道を入っていくとあるあきば食堂は店頭に「定食」と書かれた看板が道の半分をふさいでいます。むしろこれが無ければ気づかないかもしれないって感じで。建物の上のほうに「あきば食堂」の看板はあるのですが、私は結構見落としがちでした。  店内は広くはないのですが、テーブルが4卓並べられていて、混んでいるときは相席にもなるみたいです。ランチとかそういうしゃれっ気のあるお店ではなく、ほんとに食堂といった感じの店内で木の椅子、丸椅子、パイプ椅子といった様々な椅子と水墨画や、外国の絵をパズルにしたものやなぜかちびまるこのパズルも飾ってありました。
あきば食堂 ▲あきば食堂 定食 ▲定食 店内の様子 店主一人で切り盛りしてるみたい ▲店内の様子 店主一人で切り盛りしてるみたい
 メニューは日替わり定食や、ロースとんかつ、カキフライ、エビフライといった普通の定食もいくつかあるみたいです。定食とは別にライス150円、味噌汁50円、小ライス100円、大盛り+50円なども書かれていました。個人的にはウィンナー炒め400円がとっても気になるところ。  今回頼んだものは日替わり定食にあった若鶏てんぷら定食です。最初は違和感を感じなかったんですが、よくよく考えてみると、普通の定食屋にあるのは若鶏の”から揚げ”定食なのであって、若鶏の”てんぷら”定食はあまり見かけないと思いました。
なんでちびまるこが! ▲なんでちびまるこが! 金沢町食堂さん江と書かれた謎多き鏡 ▲金沢町食堂さん江と書かれた謎多き鏡 若鶏天婦羅定食(日替わり定食)大盛り ▲若鶏天婦羅定食(日替わり定食)大盛り
 料理は注文を聞いてから揚げていたので、アツアツの状態で食べる事ができましたが、混んでいるときは多少タイムラグがあるかとおもいます。お皿に乗っている若鶏の天ぷら、マカロニサラダ、レタスとカイワレ大根のサラダ、ヒジキとチクワに、小皿で浅漬けとご飯と味噌汁がでてきました。  若鶏の天ぷらは身が小さく、ボリュームはあまりないのですが、衣がサクサクの食感でおいしかったです。形がいびつですが、全部一口サイズになっていたのもよかったかも。 味噌汁は具がかなりたくさん入っていて驚きました。そこらの定食屋ではここまで入っていないだろうってくらいの量です。とうふ、ネギ、わかめ、ダイコンがメインで入っていたと思います。  私の前に入っていた人が、料理を運ばれたときにお金を渡していたので「あ、この店はそういうことなのか」とおもって私のところに料理が運ばれたときにお金を用意したら「あとでも構いませんよ」って言われました…。普通に考えたら食べ終わった後ですよね…。顔から火が吹くかとw
接客:★★★★☆ 料理: ★★★★☆ 雰囲気:★★★★☆ コスト: ★★★★★ 総評: ★★★★☆
若鶏のてんぷら サクサクでおいしい ▲若鶏のてんぷら サクサクでおいしい