未分類

第34回maroのアキバ食べ歩き日記帖 昨年11月オープン甘味処 花子

 
 食べ歩き34回目は、路地裏の小道を入ったところにある、前回のあきば食堂さんの2軒となりの甘味処 花子です。(マップ)アキバ食堂さんと同じくらいわかりづらいのですが、ノボリも立っているので見つけやすいはずです…たぶん。こちらもドアが事務所みたいになっているので入るのに勇気が要ります。  店頭には「甘味処 花子」のノボリが出ているので、わかりにくいっていうことは無いと思います。看板?には営業時間 午前10時から午後7時までになっていて、休みの日などは書かれておらず、店内も微妙に暗いみたいだったので、入るのにかなり勇気が要りました。でも店内が暗いのにはわけがあって、月曜日が定休日で電気つけてなかっただけみたいでした。店内にいたおばさん2人のご厚意で開けていただけることに・・・。ホントにありがとうございました。
営業時間 午前10時から午後7時まで ▲営業時間 午前10時から午後7時まで メニュー ▲メニュー 「甘味処 花子」の看板 ▲「甘味処 花子」の看板
店内は喫煙不可なので店外で ▲店内は喫煙不可なので店外で 店内の様子 ▲店内の様子 メニュー(店頭にあるのと同じみたい) ▲メニュー(店頭にあるのと同じみたい)
 店内は3卓あって、そのうち2つが4席、1つが3席になっていました。椅子には手作りの椅子カバーなんかもつけられていてアットホーム感があります。メニューは店頭に出ているものと同じみたいで、コーヒーや紅茶に、あんみつや白玉、ぜんざい、しるこ、ところてんなどがありました。  店内は喫煙禁止なので、タバコを吸うのは店頭にベンチとスタンド灰皿があるのでそこで喫煙できるようになっていました。この時期には蚊も多いみたいで店頭では蚊取り線香が炊かれていて、なんか風情があります。
白玉あずき ▲白玉あずき クリームあんみつ豆 ▲クリームあんみつ豆 アイスコーヒーもらっちゃいました ▲アイスコーヒーもらっちゃいました
 今回は一人ではなく知り合いと向かったので2つ頼めました。頼んだものは白玉あずきとクリームあんみつ豆です。どちらも甘味処としてはオーソドックスなものではありますけど、この時期はずせないものだとおもいます。  白玉あずきは手作りっぽい白玉と粒アンが添えられているシンプルなもので、白玉が柔らかくてもちもちしていました。ちょっと水っぽいところもありましたが、茹で上げ、すぐに冷やしたものなので新鮮な感じです。あんこは店長さん手作りとのことです。  クリームあんみつ豆はちょっと深い皿にバナナや牛皮、漉し餡、さくらんぼ、バニラアイスなんかがのっています。コップにかなりの量が入っている黒蜜の香りもいい感じです。普通のあんみつといった感じだけど、これはこれで味わい深いものになっていました。
接客:★★★★★ 料理: ★★★★☆ 雰囲気:★★★☆☆ コスト: ★★★☆☆ 総評: ★★★★☆
クリームあんみつ豆 冷えてます この時期にははずせない甘味です ▲クリームあんみつ豆 冷えてます この時期にははずせない甘味です