未分類

幻想楽団Sound Horizon「聖戦のイベリア」発売

 
 幻想楽団Sound Horizonの新しいStory Maxi「聖戦のイベリア」が発売された。今回の物語は『舞台は中世スペイン。レコンキスタの鐘が鳴り響くイベリア半島』でテーマは『人は何故、憎しみと争いの歴史を繰り返すのだろうか?』というもの。初回限定盤はセル画仕様になっていて「石畳の緋き悪魔」が描かれている。
SOUND HORIZON「聖戦のイベリア」初回盤 ▲SOUND HORIZON「聖戦のイベリア」初回盤
SOUND HORIZON「聖戦のイベリア」通常版 ▲SOUND HORIZON「聖戦のイベリア」通常版
 サウンドクリエイターRevo氏が主催する音楽プロジェクト幻想楽団Sound Horizonの新しいStory Maxi「聖戦のイベリア」が発売された。収録されているのは「争いの系譜」・「石畳の緋き悪魔」・「侵略する者される者」の3曲。  「聖戦のイベリア」は『舞台は中世スペイン。レコンキスタの鐘が鳴り響くイベリア半島。人は何故、憎しみと争いの歴史を繰り返すのだろうか?君ニ今、敢エテ問オウ…』という内容。初回限定盤と通常版の2種類が発売されていて、初回盤にはPVが収録されたDVDがついてくる。  Kingrecordsの紹介では『物語音楽の開拓者、幻想楽団 Sound Horizon の新たなる挑戦−それは【Story Maxi】という表現形態 従来のアルバムを長篇、各楽曲を短篇に例えるならば、これは中篇小説に属する物語の表現形態である』と紹介されている。  視聴された感想にはDIES IRAEさん『初期のヲタ臭く痛い雰囲気や病んだ感じは薄い。が、Romanより良いです。特にRHAPSODYとかTHY MAJESTIEのような雰囲気が好きな人は好印象かと。』、Like an Angelさん『群集パートがあるというのは聞いていたのですが、それがすごくいい!豪華だ!すごく豪華なかんじがする!!』、〜For フルーツバスケット〜さん『今回は男性ボーカルも加わり、前作よりも深みのある情熱的で壮大な曲に仕上がっています。』などがあった。
とら 壁一面にチラシ張ってた ▲とら 壁一面にチラシ張ってた 幻想楽団の軌跡 ▲幻想楽団の軌跡 聖戦のイベリアのポスター2種 ▲聖戦のイベリアのポスター2種
とらのあな本店 ▲とらのあな本店 ゲーマーズ本店 ▲ゲーマーズ本店 アソビットゲームシティ ▲アソビットゲームシティ
メロンブックス ▲メロンブックス 待望のシングルリリース決定! ▲待望のシングルリリース決定! 初回限定セル画仕様 ▲初回限定セル画仕様

其処にロマンは在るのだろうか? 店員Rが独り言、自主規制も
Sound Horizon Official Site Sound Horizon Sound Horizon (Kingrecords) ◇最近聴いたもの◇ (DIES IRAE) フライングゲット!!! (Like an Angel) 石畳の緋き悪魔/Sound Horizon【視聴記事】 (〜For フルーツバスケット〜)